[市場動向]

ヤマハ、公式認定制度「ヤマハネットワーク技術者認定試験」を2021年6月に開始

2021年4月6日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2021年4月6日、ネットワーク技術者のスキルアップを目的とした公式認定制度「ヤマハネットワーク技術者認定試験(Yamaha Certified Network Engineer)」(YCNE)を発表した。同年6月に開始する。ルーター/スイッチなどヤマハ製ネットワーク製品の知識やネットワーク技術を評価・認定する。

 「ヤマハネットワーク技術者認定試験(Yamaha Certified Network Engineer:YCNE)」は、ルーター/スイッチを開発・提供しているヤマハによる、ネットワーク技術者の公式認定制度である。技術者のスキルアップを目的に、ヤマハ製ネットワーク製品の知識やネットワーク技術を評価・認定する。

 初年度の2021年には、ネットワークの基礎的な知識を中心とした「YCNE Basic★」の試験をCBT(Computer Based Testing)形式で実施する。想定する主な受験者は、これからネットワーク技術者を目指す学生、ネットワークの基礎知識を確認したい人、ヤマハネットワーク製品を提案する営業担当者など、幅広い対象を想定している。

 また、学習に役立つツールとして、会員制の技術者コミュニティサイト「ヤマハネットワークエンジニア会(YNE)」において、模擬試験コンテンツを2021年秋に公開する。2022年度以降、難易度が段階的にアップする「YCNE Standard★★」および「YCNE Advanced★★★」の試験を順次開始する。

 2021年6月に開始する「YCNE Basic★」の概要は、表1のとおりである。

表1:「YCNE Basic★」の概要(出典:ヤマハ)
試験名称 YCNE Basic★
主な対象者
  • ネットワークエンジニアを目指す学生
  • ネットワークの基礎知識を確認したい人
  • ヤマハネットワーク製品を扱う営業担当者とネットワーク技術者
問題数 50問
出題形式 4肢択一
試験形態 CBT(Computer Based Testing)
試験時間 60分
受験料
(1試験当たり)
社会人/一般:1万3200円(税込)
学生(学割):8800円(税込)
関連キーワード

ヤマハ / 教育プログラム / 認定資格 / ルーター / スイッチ

関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、公式認定制度「ヤマハネットワーク技術者認定試験」を2021年6月に開始ヤマハは2021年4月6日、ネットワーク技術者のスキルアップを目的とした公式認定制度「ヤマハネットワーク技術者認定試験(Yamaha Certified Network Engineer)」(YCNE)を発表した。同年6月に開始する。ルーター/スイッチなどヤマハ製ネットワーク製品の知識やネットワーク技術を評価・認定する。

PAGE TOP