[新製品・サービス]

サイオステクノロジー、監視データ可視化ツール「Grafana Enterprise」の取り扱いを開始

2021年4月12日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイオステクノロジーは2021年4月12日、監視データを収集してダッシュボードで可視化するツール「Grafana Enterprise」(開発元:米Grafana Labs)の取り扱いを開始したと発表した。Grafana Enterpriseの販売や導入支援サービスなどを提供する。

 サイオステクノロジーの「Grafana Enterprise」(開発元:米Grafana Labs)は、監視データを収集してダッシュボードで可視化するツールである(画面1)。各種メトリクスの収集、ログの検索/分析、データの可視化、アラートの通知などができる。

画面1:Grafana Enterpriseのダッシュボード画面(出典:米Grafana Labs)画面1:Grafana Enterpriseのダッシュボード画面(出典:米Grafana Labs)
拡大画像表示

 Grafana Enterpriseは、オープンソースであるGrafanaの商用版に相当する。商用版では、他のシステムと連携するプラグイン機能を充実させた。このほか、複数ユーザーによる共同作業、セキュリティ/認証、トラブル発生時の緊急サポートなどを提供する。

 ダッシュボード上では、ある特定の期間におけるサービス、ユーザー、ノードを表示するなど、柔軟な表示設定ができる。関係者に対してリアルタイムに状況を共有できる。

 サイオステクノロジーが挙げるGrafanaの特徴の1つは、インストールと設定が簡単な点である。同種のサービスと比べて機能を絞り込んでいるため、簡単な操作で導入できる。ダッシュボードも簡単に作成できるとしている。

関連キーワード

サイオステクノロジー / Grafana / システム監視

関連記事

Special

-PR-

サイオステクノロジー、監視データ可視化ツール「Grafana Enterprise」の取り扱いを開始サイオステクノロジーは2021年4月12日、監視データを収集してダッシュボードで可視化するツール「Grafana Enterprise」(開発元:米Grafana Labs)の取り扱いを開始したと発表した。Grafana Enterpriseの販売や導入支援サービスなどを提供する。

PAGE TOP