[新製品・サービス]

AI inside、画像認識AIをノーコードで開発できる「Learning Center」を提供

2021年4月21日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

AI insideは2021年4月21日、画像を認識するAIモデルをノーコードで開発できるクラウドサービス「Learning Center」の提供を開始した。学習用のデータを用意して、認識したい対象をマウスで指定して学習させるだけでAIモデルを開発できる。ベンダーや開発者に依頼することなく、業務部門のエンドユーザーみずからAIモデルを開発できることをアピールしている。価格(税別)は、学習が月額10万円、推論が月額3万円。

 AI insideの「Learning Center」は、画像を認識するAIモデルをノーコードで開発できるクラウドサービスである(図1)。AIやプログラミングの知識は不要で、簡単な入力とマウス操作だけで、容易にAIモデルを開発して運用できるとしている。追加学習による精度の改善や、他システムとの連携もサポートしている。

画面1:業務部門のエンドユーザーみずから、簡単な入力とマウス操作だけで、AI判定モデルを開発できる(出典:AI inside)画面1:業務部門のエンドユーザーみずから、簡単な入力とマウス操作だけで、AI判定モデルを開発できる(出典:AI inside)
拡大画像表示

 学習用のデータを用意して、認識したい対象をマウスで指定するだけで、AIモデルを開発できる。認識する対象のカテゴリ(作業者、ハンドカートなど)をツールに登録し、認識させたい箇所をマウスで囲って指定してタグ付けすることで、教師データを作成。この後、データを学習してAIモデルを構築する。AIモデル精度の評価も行える。

 AI insideは、Learning Centerで教師データを作成しているアノテーション作業の動画と、開発したAIモデルを使って監視カメラ映像に映る物体を認識している「工場内混雑分析AI」の動画画面1)を公開している(映像提供:大日本印刷)。

画面1:Learning Centerに用いた工場内混雑分析AIの開発・アノテーション(出典:AI inside YouTubeチャンネル)

●Next:Learning Centerのユースケースと価格体系

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

AI inside / Learning Center / 画像認識 / ローコード

関連記事

Special

-PR-

AI inside、画像認識AIをノーコードで開発できる「Learning Center」を提供AI insideは2021年4月21日、画像を認識するAIモデルをノーコードで開発できるクラウドサービス「Learning Center」の提供を開始した。学習用のデータを用意して、認識したい対象をマウスで指定して学習させるだけでAIモデルを開発できる。ベンダーや開発者に依頼することなく、業務部門のエンドユーザーみずからAIモデルを開発できることをアピールしている。価格(税別)は、学習が月額10万円、推論が月額3万円。

PAGE TOP