開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ローコード開発ツール「Magic xpa」新版、複数テーブルにアクセスするプログラムを生成可能に

2021年4月22日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

マジックソフトウェア・ジャパンは2021年4月22日、ローコード開発ツールの新バージョン「Magic xpa 4.7.1」を発表した。2021年4月28日から販売する。新版では、データベースのテーブルからプログラムを自動生成する機能「APG」(Automatic Program Generator)を強化した。リレーションを張った複数のテーブルにアクセスするプログラムを生成できるようにした。

 Magic xpaは、イスラエルMagic Software Enterprises(日本法人はマジックソフトウェア・ジャパン)が開発したローコード開発ツールである(関連記事ローコード開発ツール「Magic xpa」新版、AngularによるWebクライアント画面を自動生成)。

 アプリケーションやデータベースのひな型をノンプログラミングで作成できる。Javaなどの他の開発言語と比べて、アプリケーションを短期に開発できる。開発したアプリケーションは、PCやスマートフォンなど複数の動作環境で動く。

 Magic xpaは、データベースのテーブルからプログラムを自動生成する機能「APG」(Automatic Program Generator)を備えている。定義済みのテーブルに対して、CRUD(登録、参照、更新、削除)の操作ができるプログラムを、瞬時に作成できる。

 今回の新版(Magic xpa 4.7.1)では、APG機能を強化し、リレーションを張った複数のテーブルにアクセスしてデータを操作するプログラムを作成できる機能「リレーショナルAPG」を実現した(図1)。

図1:「Magic xpa Web Client」の概要(出典:マジックソフトウェア・ジャパン)図1:「Magic xpa Web Client」の概要(出典:マジックソフトウェア・ジャパン)
拡大画像表示

 リレーショナルデータベースにおいて、リレーションを張った複数のデータベーステーブルにアクセスしてデータを操作するプログラムを作成できるようになった。複数テーブルのデータを1つの画面で表現するプログラムを、以前よりも簡単に作成できるようになった。

関連キーワード

マジックソフトウェア・ジャパン / Magic xpa

関連記事

Special

-PR-

ローコード開発ツール「Magic xpa」新版、複数テーブルにアクセスするプログラムを生成可能にマジックソフトウェア・ジャパンは2021年4月22日、ローコード開発ツールの新バージョン「Magic xpa 4.7.1」を発表した。2021年4月28日から販売する。新版では、データベースのテーブルからプログラムを自動生成する機能「APG」(Automatic Program Generator)を強化した。リレーションを張った複数のテーブルにアクセスするプログラムを生成できるようにした。

PAGE TOP