[事例ニュース]

トヨタ九州、量子アニーリングで補給部品の物流を改善、トラックへの積載計画を最適化

2021年4月26日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

トヨタ自動車九州は、宮田工場(福岡県宮若市)において、補給部品の物流を量子コンピュータで改善するプロジェクトを開始した。リードタイム(商品やサービスの発注から納入までに要する時間)や生産性の改善を狙う。プロジェクトは、量子コンピュータのクラウドサービスを手がけるグルーヴノーツとともに取り組む。グルーヴノーツが2021年4月26日に発表した。

 トヨタ自動車九州の宮田工場は、レクサスブランドの5車種を生産する工場である。今回、補給部品の物流を量子コンピュータ技術を利用して改善するプロジェクトを開始する(図1)。補給部品は、顧客が購入した車両の保守や交換に用いる部品である。リードタイムや生産性の改善を狙う。

図1:「MAGELLAN BLOCKS」を活用したトラックの積載計画の概要(出典:グルーヴノーツ)図1:「MAGELLAN BLOCKS」を活用したトラックの積載計画の概要(出典:グルーヴノーツ)
拡大画像表示

 補給部品の物流計画を策定することは難しい。部品の形状や重量が多様であり、これらを適切に積み合わせることが難しい。さらに、運行ダイヤや運行ルート、トラックの荷台寸法、配送タイミングや納期など、各種の制約がある。これらの制約の下、物流計画を日々策定・変更しているのが現状である。これまでよりも短時間で精度の高い計画を策定できることが求められている。

 今回のプロジェクトでは、組み合わせ最適化問題を量子アニーリングマシンを使って高速に解くクラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS」を利用する。量子アニーリングは、積載率が最も高くなる積み付け方を導き出すのに長けている。これを使って、計画業務の自動化や、トラックへの積載計画(積付計画)の最適化に取り組む。

関連キーワード

トヨタ自動車九州 / グルーヴノーツ / 量子アニーリング / トヨタ自動車 / 量子コンピュータ / 物流 / 福岡県

関連記事

Special

-PR-

トヨタ九州、量子アニーリングで補給部品の物流を改善、トラックへの積載計画を最適化トヨタ自動車九州は、宮田工場(福岡県宮若市)において、補給部品の物流を量子コンピュータで改善するプロジェクトを開始した。リードタイム(商品やサービスの発注から納入までに要する時間)や生産性の改善を狙う。プロジェクトは、量子コンピュータのクラウドサービスを手がけるグルーヴノーツとともに取り組む。グルーヴノーツが2021年4月26日に発表した。

PAGE TOP