ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[調査・レポート]

Web会議のデバイスは「Webカメラ/マイク内蔵のノートPC」が3割─デル調査

2021年5月17日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デル・テクノロジーズは2021年5月17日、ビジネスパーソンを対象に、在宅勤務とリモート会議の実施動向、および在宅勤務とリモート会議の際に使っている周辺機器に関する調査結果を発表した。リモート会議のデバイスは「Webカメラとマイク内蔵のノートPC」が最多の29.2%で、「ヘッドセット」は15.4%、「外付けモニター」は13.6%、「Webカメラ」は10%にとどまった。周辺機器の利用が十分に進んでいない。

 デル・テクノロジーズは、在宅勤務とリモート会議の実施動向、および在宅勤務とリモート会議の際に使っている周辺機器に関する調査を実施した。2021年2月22日~2021年3月26日にかけて、日本全国のビジネスパーソン2373人に対してインターネットで調査を実施した。

 主な調査結果として、回答者全体の78%が週1回以上の在宅勤務を実施しており、36%は毎日在宅勤務を行っている。回答者の半数以上は、1日1回リモート会議を実施している。一方、外付けモニターなど周辺機器の導入は遅れており、リモート会議のデバイスは「Webカメラとマイク内蔵のノートPC」が最多の29.2%を占める。

PC内蔵カメラ/マイクの利用者が最多の29.2%

 現在の勤務状況を聞いた(図1)。「ほぼ毎日在宅勤務」と答えた回答者が最も多く、36%になった。全体の78%は、週に1回は在宅勤務を実施している。この一方で、約5人に1人は、現在も毎日出社している。

図1:ビジネスパーソンの勤務状況(出典:デル・テクノロジーズ)図1:ビジネスパーソンの勤務状況(出典:デル・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 リモート会議やリモート商談を行う頻度を聞いた(図2)。回答者の55%は、1日1回はリモート会議を行っている。最も回答数が多かった回答は「1週間に数回リモート会議やリモート商談を行う」で42%だった。一方、リモート会議を一切行わないとの回答は2.7%にとどまった。

図2:ビジネスパーソンにおけるリモート会議の頻度(出典:デル・テクノロジーズ)図2:ビジネスパーソンにおけるリモート会議の頻度(出典:デル・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 在宅勤務やリモート会議で利用しているデバイスを聞いた(図3)。「Webカメラとマイク内蔵のノートPC」と答えた回答者が最多の29.2%だった。「ヘッドセット」は15.4%、「外付けモニター」は13.6%、「Webカメラ」は10%にとどまった。

図3:ビジネスパーソンが在宅勤務やリモート会議で利用しているデバイス(出典:デル・テクノロジーズ)図3:ビジネスパーソンが在宅勤務やリモート会議で利用しているデバイス(出典:デル・テクノロジーズ)
拡大画像表示

●Next:ユーザーが挙げるリモート会議の課題と、課題の解決方法

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

テレワーク / Web会議システム / Dell / ユーザー調査

関連記事

Special

-PR-

Web会議のデバイスは「Webカメラ/マイク内蔵のノートPC」が3割─デル調査デル・テクノロジーズは2021年5月17日、ビジネスパーソンを対象に、在宅勤務とリモート会議の実施動向、および在宅勤務とリモート会議の際に使っている周辺機器に関する調査結果を発表した。リモート会議のデバイスは「Webカメラとマイク内蔵のノートPC」が最多の29.2%で、「ヘッドセット」は15.4%、「外付けモニター」は13.6%、「Webカメラ」は10%にとどまった。周辺機器の利用が十分に進んでいない。

PAGE TOP