[事例ニュース]

竹中工務店、1万人を対象にメール誤送信防止ソフトを導入

Microsoft 365 Outlook移行を機に「CipherCraft/Mail 7」を採用

2021年5月24日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

竹中工務店(本社:大阪市中央区)は2021年4月、同社の約1万人が利用するPC環境を対象にメール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail 7」を導入した。今後、国内グループ会社の約4000人を対象に導入する。CipherCraft/Mail 7を提供したNTTテクノクロスが2021年5月24日に発表した。

 竹中工務店は2021年4月、同社の約1万人が利用するPC環境を対象に、メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail 7」を導入した。同社は従来、メール誤送信対策として、Microsoft OfficeのOutlookにアドインする独自開発の防止ツールを利用していた。

 メールソフトをMicrosoft 365のOutlookに移行するにあたって、独自の防止ツールでは動作検証が追い付かなくなることを想定し、CipherCraft/Mail 7を導入した。導入形態としては、Outlookのアドインとして機能しMicrosoft 365でも利用可能な、クライアント端末タイプにした。

 CipherCraft/Mail 7は、メールの誤送信を防止するソフトウェアである(関連記事NTTテクノクロス、メール誤送信防止サービス「CipherCraft/Mail」強化、送信時の手間を軽減)。送信メールを中継せずにいったん止めておき、メール送信者に送信内容を確認する画面を提示する仕組みで動作する。

 竹中工務店では、送信先メールアドレスを誤って設定していないかどうかをマシンラーニング(機械学習)を活用して判定する機能オプション「AI+(エーアイプラス)」も導入した(関連記事送り先アドレスの指定ミスをAIが検知、NTTテクノクロスが誤送信防止ソフトにAIオプション)。

 AI+(エーアイプラス)では、送信者の履歴から送信頻度を判定し、初めて送信するあて先または送信頻度が少ないあて先を検知して警告する(図1)。NTTテクノクロスによると、メール誤送信事故の原因の約40%は、あて先の確認誤り(同姓の人へ誤送信、同報者誤り)である。

図1:「CipherCraft/Mail 7」の「AI+」では、あて先間違いを効率的に防ぐ(出典:NTTテクノクロス)図1:「CipherCraft/Mail 7」の「AI+」では、あて先間違いを効率的に防ぐ(出典:NTTテクノクロス)
拡大画像表示
関連キーワード

竹中工務店 / メール誤送信対策 / CipherCraft/Mail 7

関連記事

Special

-PR-

竹中工務店、1万人を対象にメール誤送信防止ソフトを導入竹中工務店(本社:大阪市中央区)は2021年4月、同社の約1万人が利用するPC環境を対象にメール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail 7」を導入した。今後、国内グループ会社の約4000人を対象に導入する。CipherCraft/Mail 7を提供したNTTテクノクロスが2021年5月24日に発表した。

PAGE TOP