ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT Comと鎌倉市、テレワークスペース提供店舗と利用者をマッチングする実証実験

2021年6月8日(火)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年6月7日、神奈川県鎌倉市において、テレワークスペースを提供する店舗と利用者をマッチングする実証実験を開始した。期間は2021年6月中旬~同年9月30日で、開始にあたり、鎌倉市との間で「コワーキングスペース・宿泊施設・カラオケ施設等を活用したテレワークの推進に係る実証実験に関する協定書」を締結した。

 NTTコミュニケーションズは、テレワークスペースの店舗と利用者をマッチングする実証実験を鎌倉市で開始した(図1)。2021年6月中旬~同年9月30日の期間で実施する。

 鎌倉市が目指す、「多くの歴史的遺産や豊かな自然環境のなかで働き、暮らす」というライフスタイルを、デジタル技術の活用によって支援する。鎌倉市および湘南・三浦半島地域の住民のワークスタイルの変革を支援する。

図1:実験のイメージ図(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:実証実験のイメージ図(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示
画面1:ワークスペース検索・予約・決済サービス「Dropin」のiOSアプリ画面(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 NTTコミュニケーションズが提供する、ワークスペース検索・予約・決済サービス「Dropin」を活用する。テレワークスペースを利用したい事業者/個人と、提供側の店舗(コワーキングスペース、宿泊施設、カラオケ施設など)をDropinを使ってマッチングする。WebブラウザまたはiOS/Androidアプリから利用できる(画面1)。

 これにより、テレワーク環境が整っていない事業者や個人でもテレワークが行える環境を整え、住民のテレワーク実施率を向上させる。同実証を通じて、住民のテレワーク実施率、実施時間、効率性、テレワークスペースに対するニーズなどを調査する。

 実証にあたって、NTTコミュニケーションズは、テレワークスペース提供店舗と利用者を募集する。テレワークスペース提供店舗に対しては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染防止措置を依頼する。実験データの集計と実験結果の取りまとめも実施する。

 鎌倉市は、住民に実証実験を報告し啓発を行う。テレワークの普及を目指す鎌倉市内の研究会などにも情報を発信する。また、同実証を進めるにあたって必要な行政上の手続きを実施する。

 同実証の期間中、テレワークスペースを活用する機会を創出することを目的に、利用者に対する利用料の割引(半額)と、テレワークスペース提供店舗に対する決済手数料(利用料の20%)の無料化を実施する。これらは予算額に達した場合は早期終了になる場合がある。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / 鎌倉市 / テレワーク / 新型コロナウイルス / コワーキング / 観光・旅行 / 店舗 / 自治体 / 神奈川県

関連記事

Special

-PR-

NTT Comと鎌倉市、テレワークスペース提供店舗と利用者をマッチングする実証実験NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年6月7日、神奈川県鎌倉市において、テレワークスペースを提供する店舗と利用者をマッチングする実証実験を開始した。期間は2021年6月中旬~同年9月30日で、開始にあたり、鎌倉市との間で「コワーキングスペース・宿泊施設・カラオケ施設等を活用したテレワークの推進に係る実証実験に関する協定書」を締結した。

PAGE TOP