[新製品・サービス]

移行自動化「MGN」や運用支援「DevOps Guru」など、AWSが新サービス群を紹介

2021年6月10日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2021年6月10日、説明会を開き、AWSへの移行を自動化するサービス「AWS Application Migration Service(MGN)」や運用支援サービス「DevOps Guru」、カオスエンジニアリングサービス「AWS Fault Injection Service」など、同社が最近リリースしたサービス群を紹介した。

 AWS(Amazon Web Services)が2021年5月18日に提供開始した「AWS Application Migration Service(MGN)」は、オンプレミスなどで運用する業務システムのAWSへの移行を自動化するサービスである。AWSへのリフト&シフトをダウンタイムを最小化しながら行えるツールとしてユーザーに推奨している(図1)。

図1:AWS Application Migration Service(AWS MGN)の概要(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)図1:AWS Application Migration Service(AWS MGN)の概要(出典:アマゾン ウェブ サービス ジャパン)
拡大画像表示

 AWS MGNは、移行元のシステム(Windows/Linux)に専用のエージェントソフトウェアを導入して使う。移行に必要な情報をエージェントが収集し、移行先となるAWSに対して必要な設定を施し、データをAWSに移行する。

 サーバーやOSだけでなく、データベース管理システムやアプリケーションを含む業務システムのサーバーを自動で移行する。AWS上にはステージング環境と本番環境を構築し、移行前にテストを実施できる。

開発者向けにシステムの可用性を高めるサービス

 同年5月6日に提供を開始した「Amazon DevOps Guru」は、コードを記述する開発者向けのサービス。システムダウンなど、可用性を下げる要因となるソースコード上の問題点を特定する(図2)。マシンラーニング(機械学習)を用いて問題箇所を検出し、具体的なトラブルシューティング方法などを提示する。

図2:Amazon DevOps Guruの概要(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)図2:Amazon DevOps Guruの概要(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)
拡大画像表示

●Next:カオスエンジニアリングサービスとAWS製プロセッサも紹介

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

AWS / クラウド移行 / カオスエンジニアリング / マシンラーニング / CPU / リフト&シフト

関連記事

Special

-PR-

移行自動化「MGN」や運用支援「DevOps Guru」など、AWSが新サービス群を紹介アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2021年6月10日、説明会を開き、AWSへの移行を自動化するサービス「AWS Application Migration Service(MGN)」や運用支援サービス「DevOps Guru」、カオスエンジニアリングサービス「AWS Fault Injection Service」など、同社が最近リリースしたサービス群を紹介した。

PAGE TOP