[新製品・サービス]

Azureの利用状況からコストやセキュリティを評価・診断─日商エレの「Cloud 健康診断」

「先行ユーザーが平均してコストを5%削減した」とアピール

2021年6月28日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日商エレクトロニクスは2021年6月28日、Microsoft Azureを利用する企業に向けて、その利用コストやセキュリティ状況のアセスメントサービス「Cloud 健康診断 for Microsoft Azure」を発表した。同年6月1日から提供している。先行してサービスを利用したユーザー企業では、平均してコストを5%削減できたとしている。

 日商エレクトロニクスの「Cloud 健康診断 for Microsoft Azure」は、Microsoft Azure利用状況のアセスメントサービスである(図1)。日商エレクトロニクスのエンジニアがユーザーのAzure管理画面にログインし、実際の利用状況を確認した上で、問題点や改善点をアドバイスする。「Azureに対する理解不足や操作ミスが原因で、不要なコストが生じ、セキュリティリスクが高まっている」(同社)ことからサービスを投入した。

図1:「Cloud 健康診断 for Microsoft Azure」の流れ(出典:日商エレクトロニクス)図1:「Cloud 健康診断 for Microsoft Azure」の流れ(出典:日商エレクトロニクス)
拡大画像表示

 アセスメントは、「コスト診断」「セキュリティ診断」「リソース診断」の3つの観点から実施する。

 コスト診断では、予約インスタンスの活用、無駄なリソースの削除、スケジュール設定による稼働時間の抑制など、コスト低減のためのアドバイスを行う。削減した費用でセキュリティを強化するなど、クラウド活用を促進する提案も行う。

 セキュリティ診断では、セキュリティベンチマークの指標に基づき、Azure環境のセキュリティリスクを診断する。対象のリソースだけでなく、アクセス権やデータ保護の設定、バックアップが適切かどうかなど、Azure環境全体を考慮してアドバイスを行う。ユーザーは自社で必要なセキュリティレベルを満たしているか、どこまで対策をするべきかの指標が得ることができる。

 リソース診断では、無駄なリソースが稼働して費用がかかっていないか、利用しているリソースのサイジングが適切かなどを確認する。リソースを切り替える際にマシンの停止が必要かなど、考慮すべきポイントについてアドバイスを行う。代替可能な部品があるのに無駄に高いものを使っていないかといったことも指摘する。

 日商エレクトロニクスによると、同サービスを先行して利用した企業は、平均してコストを5%削減できたという。また、Azure環境に対する考慮不足や設定ミスで起こりうる他の問題にも対策を講じられているとしている。

関連キーワード

日商エレクトロニクス / Azure / コンサルティング

関連記事

Special

-PR-

Azureの利用状況からコストやセキュリティを評価・診断─日商エレの「Cloud 健康診断」日商エレクトロニクスは2021年6月28日、Microsoft Azureを利用する企業に向けて、その利用コストやセキュリティ状況のアセスメントサービス「Cloud 健康診断 for Microsoft Azure」を発表した。同年6月1日から提供している。先行してサービスを利用したユーザー企業では、平均してコストを5%削減できたとしている。

PAGE TOP