[調査・レポート]

ERP市場は2025年問題でクラウド移行が加速、規模別で中小企業向けが伸長─デロイトトーマツミック研

2021年7月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デロイト トーマツ ミック経済研究所は2021年7月19日、ERP(統合基幹業務システム)を中心とする基幹業務パッケージソフトウェア市場調査の概要を発表した。同市場は2025年問題にかかるERP刷新でクラウドシフトが継続的に拡大しており、2019~25年度まで年平均10.4%増で成長し、2025年度には3266億円市場になると予測している。

 デロイト トーマツ ミック経済研究所は、ERP(統合基幹業務システム)を中心とする基幹業務パッケージソフトウェアの市場調査の概要を発表した。同日に発刊した『ワークスタイル多様化で拡大する基幹業務パッケージソフト(ERP)の市場展望【2021年度版】』の調査結果に基づいている。

 同調査によると、ERP市場は、2025年問題にかかるERPの刷新需要から、クラウドシフトが継続的に拡大している(図1)。ERP市場全体の2020年度の出荷金額は2,000.8億円で、前年比107.8%だった。2021年度は、前年比114.7%の2,295.0億円と好調な伸びを見込む。2019~25年度まで年平均10.4%増で成長し、2025年度には3266億円市場になると予測している。

図1:ERP市場の中期予測(2019~2025年度)(出典:デロイトトーマツミック経済研究所)図1:ERP市場の中期予測(2019~2025年度)(出典:デロイトトーマツミック経済研究所)
拡大画像表示

 今回の調査は、ITサービスベンダー4社とソフトウェアベンダー61社を対象に、企業規模に応じたERP市場4分野(大手、中堅、中規模、小規模)と、ERP関連市場4分野(会計事務所向け、連結会計、倉庫管理、保全管理)を調査した。各社の取材数値を積み上げ、2019年度から2021年度の基幹業務パッケージソフトの分野別市場規模と2025年度までの中期予測を行った。

大手向けERPは2025年問題からクラウドシフトが進行

 ERP市場のうち、年商500億円以上の大手企業を対象としたERP製品は、2020年度、前年比105.4%の677.5億円だった。コロナ禍で一部プロジェクトの順延が発生したものの、2025年問題にかかるERP刷新を基調にクラウドシフトが進行し、堅調な伸びを維持した。2021年度は前年比110.7%の750.0億円と順調な伸びを予想している。

 ユーザーのシステム投資に回復傾向が見られることや、2020年度前半、緊急事態宣言下でシステムの見直しを検討するユーザーが多いことなどを要因に、2020年度内に受注して翌2021年度に売上を計上する案件が着実に増えている。

●Next:中堅・中小企業向けERPが伸長、その理由は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

デロイト トーマツ ミック経済研究所 / 市場調査 / 中堅・中小企業 / SAP2025年問題 / 2025年の崖 / クラウド移行 / SAP2027年問題

関連記事

Special

-PR-

ERP市場は2025年問題でクラウド移行が加速、規模別で中小企業向けが伸長─デロイトトーマツミック研デロイト トーマツ ミック経済研究所は2021年7月19日、ERP(統合基幹業務システム)を中心とする基幹業務パッケージソフトウェア市場調査の概要を発表した。同市場は2025年問題にかかるERP刷新でクラウドシフトが継続的に拡大しており、2019~25年度まで年平均10.4%増で成長し、2025年度には3266億円市場になると予測している。

PAGE TOP