[新製品・サービス]

NTT Com、1秒未満の低遅延をうたうライブ配信基盤サービス「Smart vLive」を開始

2021年7月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズは2021年7月19日、1秒未満の低遅延をうたう映像のライブ配信基盤サービス「Smart vLive」を提供開始した。ライブ配信のニーズがある業界に向けて提供する。要素技術として、Webのリアルタイムコミュニケーション技術であるWebRTCを利用する。価格(税別)は、初期費用が5万円、配信料は最安価となるスタンダードプラン(300GB、50同時視聴)で、月額5万円。

 「Smart vLive」は、1秒未満の低遅延をうたう、映像のライブ配信基盤サービスである(図1)。要素技術として、Webのリアルタイムコミュニケーション技術であるWebRTCを活用したNTTコミュニケーションズの基盤サービス「SkyWay」を使っている(関連記事WebRTCの音声・ビデオ通話を録画・翻訳可能に、NTT Comのクラウドサービス)。

図1:1秒未満の低遅延をうたうライブ配信基盤サービス「Smart vLive」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:1秒未満の低遅延をうたうライブ配信基盤サービス「Smart vLive」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 最大の特徴は、インターネットを介して、1秒未満という低遅延でライブ配信ができることである。イベント会場とオンライン参加者の間、またはオンライン参加者同士が、同じタイミングで同じコンテンツを体験できる。グループでの視聴や、SNSなど他のネットメディアと連携したやりとりもスムーズに行える。

 低遅延で使えることから、マルチアングルのライブ配信にも向く。複数のカメラアングルの映像を同時に視聴しても、ほぼ同期した映像として視聴できる。オンライン視聴者が好みの視点を選択して視聴するマルチアングルのライブ配信を提供できる。

 低遅延で使えることから、双方向のコミュニケーションにも向く。主会場からサテライト会場に配信するパブリックビューイングなどにおいて、スポーツコンテンツに対するリモートでの応援などと連携できる。会場と会場の間で、双方向性があるライブ視聴体験を実現できる。

 プランと価格は、表1の通り。

表1:低遅延ライブ配信基盤サービス「Smart vLive」のプラン
サービスプラン スタンダード プロフェッショナル プレミアム
初期費用 5万円(税込5万5000円)
月額料金 定額最低基本額 5万円
(税込5万5000円)
10万円
(税込11万円)
16万円
(税込17万6000円)
同時視聴端末数加算額
(追加100同時視聴端末ごと)
1万6000円
(税込1万7600円)
1万6000円
(税込1万7600円)
1万6000円
(税込1万7600円)
配信容量加算額
(追加1GBごと)
50円
(税込55円)
50円
(税込55円)
50円
(税込55円)
最大同時視聴端末数(台) 50同時視聴 500同時視聴 2000同時視聴
最大配信容量 300GB 1000GB 1500GB
最大同時配信数 1配信 1配信 2配信
関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / WebRTC / SkyWay

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、1秒未満の低遅延をうたうライブ配信基盤サービス「Smart vLive」を開始NTTコミュニケーションズは2021年7月19日、1秒未満の低遅延をうたう映像のライブ配信基盤サービス「Smart vLive」を提供開始した。ライブ配信のニーズがある業界に向けて提供する。要素技術として、Webのリアルタイムコミュニケーション技術であるWebRTCを利用する。価格(税別)は、初期費用が5万円、配信料は最安価となるスタンダードプラン(300GB、50同時視聴)で、月額5万円。

PAGE TOP