開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ExcelライクなWebアプリ開発ツール「Forguncy 6」、2要素認証など機能を追加

2021年7月29日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

グレープシティは2021年7月29日、Excelに似た操作性を持つWebアプリケーション開発ツール「Forguncy(フォーガンシー) 6」をアップデートし、ログイン時の2要素認証対応など機能を追加した。テレワークなど多様化したワークスタイルにおけるセキュリティレベルを高めている。価格(税別)は開発ライセンスが17万2000円、運用ライセンスが最小構成で82万円。

 グレープシティの「Forguncy」は、Excelに似た操作性を特徴とするWebアプリケーション開発ツールである。画面(データ入力)と帳票(PDF出力)、ワークフロー機能やメール送信機能などをノンプログラミングで開発できる。データを格納するリレーショナルデータベースサーバー機能も備える(画面1関連記事グレープシティ、Excelライクな操作のWebアプリ開発ツール「Forguncy 6」をリリース)。

画面1:Forguncyの開発画面(出典:グレープシティ)画面1:Forguncyの開発画面(出典:グレープシティ)
拡大画像表示

 Excelに似たアプリケーション開発環境「Forguncy Builder」を備える。セルの書式設定、数式、Excel関数、データの入力規則、グラフといったExcel機能をそのまま利用できる。Excelのようにセルのマス目を方眼紙として利用できるので、セルの結合や罫線を使って、紙の伝票のような複雑なレイアウトを再現できる。既存のExcelファイルからWebアプリケーションを自動生成するウィザード機能も提供する。

 今回、2020年5月リリースの「Forguncy 6」をアップデートし、Forguncyにログインする際のセキュリティ強化として2要素認証に対応した(図1)。ID/パスワードによるユーザー認証に加えて、時限式のワンタイムパスワードを組み合わせることができる。認証アプリに、Microsoft AuthenticatorまたはGoogle Authenticatorを利用する。

図1:Forguncyにログインする際のセキュリティを強化し、2要素認証を使えるようにした。ID/パスワードに加えて時限式ワンタイムパスワードが使える(出典:グレープシティ)図1:Forguncyにログインする際のセキュリティを強化し、2要素認証を使えるようにした。ID/パスワードに加えて時限式ワンタイムパスワードが使える(出典:グレープシティ)
拡大画像表示

●Next:帳票のメール自動送信など、アップデートで追加・拡充された機能

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

グレープシティ / Forguncy / 多要素認証 / ローコード

関連記事

Special

-PR-

ExcelライクなWebアプリ開発ツール「Forguncy 6」、2要素認証など機能を追加グレープシティは2021年7月29日、Excelに似た操作性を持つWebアプリケーション開発ツール「Forguncy(フォーガンシー) 6」をアップデートし、ログイン時の2要素認証対応など機能を追加した。テレワークなど多様化したワークスタイルにおけるセキュリティレベルを高めている。価格(税別)は開発ライセンスが17万2000円、運用ライセンスが最小構成で82万円。

PAGE TOP