[新製品・サービス]

NECソリューションイノベータ、良品画像の学習だけで不良品を検出する品質管理支援サービス

2021年8月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECソリューションイノベータは2021年8月17日、クラウド型品質管理支援サービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。製品の画像をAIで判定することによって、良品と不良品を検出・分類する。主に食品製造業向けに提供する。特徴は、良品画像の学習だけで不良品を検出できることである。価格(税別)は月額19万8000円から。販売目標として今後3年間で30社を掲げる。

 NECソリューションイノベータの「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」は、製品の画像をAIで判定することによって、良品と不良品を検出・分類するクラウド型品質管理支援サービスである。主に食品製造業向けに提供する。

 特徴は、不良品の画像を用意して学習させることなく、良品の画像の学習だけで不良品を検出できる点である(図1)。不良品の発生頻度が低くて画像の収集が難しい場合でも、不良品や異物の検出を可能にする。

図1:「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の概要(出典:NECソリューションイノベータ)図1:「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の概要(出典:NECソリューションイノベータ)
拡大画像表示

 また、専門的な知識がなくてもWebブラウザ上で学習モデルの作成や評価ができるオプション機能「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」も無料で提供する(画面1)。検査対象物の追加や判定条件の変更をユーザー自身で行える。

画面1:オプション機能「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」の画面(出典:NECソリューションイノベータ)画面1:オプション機能「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」の画面(出典:NECソリューションイノベータ)
拡大画像表示

 サービス提供の背景として同社は、良品・不良品の判定にAI技術を適用する際、発生頻度の低い不良品や異物の画像を事前に大量に収集することは、製造品質が向上する昨今では困難であることを挙げる。加えて、「AIの学習モデルの作成や評価には専門性が必要になるため、ユーザー自身で対応することが難しい」(同社)という。

関連キーワード

NECソリューションイノベータ / 画像認識 / 品質管理

関連記事

Special

-PR-

NECソリューションイノベータ、良品画像の学習だけで不良品を検出する品質管理支援サービスNECソリューションイノベータは2021年8月17日、クラウド型品質管理支援サービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。製品の画像をAIで判定することによって、良品と不良品を検出・分類する。主に食品製造業向けに提供する。特徴は、良品画像の学習だけで不良品を検出できることである。価格(税別)は月額19万8000円から。販売目標として今後3年間で30社を掲げる。

PAGE TOP