[調査・レポート]

成長続く国内AI製品市場、マシンラーニングが前年比44%増の躍進─ITR

2021年8月27日(金)IT Leaders編集部

アイ・ティ・アール(ITR)は2021年8月26日、国内AI市場における市場規模の推移と予測を発表した。2020年度のAI主要8市場全体の売上金額は513億3000万円、前年度比19.9%増と成長を維持している。売上額を最も伸ばしたのはマシンラーニング(機械学習)基盤市場で、前年度比44.0%増と躍進した。

 ITRは、国内AI市場における市場規模の推移と予測を発表した。AI関連の主要8市場(画像認識、音声認識、音声合成、テキストマイニング/ナレッジ活用、翻訳、検索・探索、時系列データ分析、マシンラーニング〈機械学習〉基盤)について調査した(図1)。

図1:AI主要8市場規模推移および予測:分野別(2019~2025年度)(出典:アイ・ティ・アール)図1:AI主要8市場規模推移および予測:分野別(2019~2025年度)(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 2020年度のAI主要8市場全体の売上金額は513億3000万円、前年度比19.9%増の成長となった。8市場のいずれも高い伸びを示しており、ITRは、今後も成長が続くと予測している。CAGR(2020~2025年度)は18.7%で、2025年度には1200億円に達する見通しという(関連記事AIの主要8市場は年平均20.6%で成長、2024年度には980億円に─ITR)。

 AI主要8市場の中で最も売上金額を伸ばしたのは、マシンラーニング(機械学習)基盤市場で、前年度比44.0%増と躍進した。「参入ベンダーの増加に伴って低価格化も進んでいる。今後も導入が拡大すると見込まれる」(ITR)

 翻訳市場も前年度比38.0%増の大幅な成長となった。「コロナ禍で海外とのやり取りが増加したことなどから、製造業を中心とした大企業での全社導入が増えた。また、翻訳の製品・サービスの精度向上に伴い、これまで外部に委託していた翻訳業務の内製化が進んでいる」(ITR)

 発表した内容は、同社が刊行した市場調査レポート「ITR Market View:AI市場2021」の概要である。同レポートは、AI主要8市場を対象に国内78ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上げ実績および2025年度までの売上げ予測を掲載している。

関連キーワード

ITR / 市場調査 / マシンラーニング

関連記事

Special

-PR-

成長続く国内AI製品市場、マシンラーニングが前年比44%増の躍進─ITRアイ・ティ・アール(ITR)は2021年8月26日、国内AI市場における市場規模の推移と予測を発表した。2020年度のAI主要8市場全体の売上金額は513億3000万円、前年度比19.9%増と成長を維持している。売上額を最も伸ばしたのはマシンラーニング(機械学習)基盤市場で、前年度比44.0%増と躍進した。

PAGE TOP