開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

アシスト、業務自動化ソフトのAzure版「AEDAN for Microsoft Azure」を発表

2021年9月6日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2021年9月6日、業務自動化ソフトウェア「AEDAN」のMicrosoft Azure版「AEDAN for Microsoft Azure」を発表した。Azureのサービスを活用してAzure上で稼働中の業務システムの自動化を支援する。

 アシストの「AEDAN(えいだん)」は、業務自動化ソフトウェアである。米Progress SoftwareのBRMS(ビジネスルール管理システム)「Progress Corticon」を中核に、データ連携ミドルウェアやRPAソフトウェアをパッケージ化している(関連記事アシスト、手作業と知的判断をRPA/BRMSで自動化するパッケージを販売)。

 業務判断を含む定型業務を人の介在なしに自動化する。例えば、エンドユーザー操作をRPAで自動化し、データの集約と加工にデータ連携ミドルウェアを活用しながら作業前後の知的判断をBRMSに行わせるといったことが可能になる。

 今回アシストは、Microsoft Azureユーザー向けに「AEDAN for Microsoft Azure」を発表した。Azureのサービスを用いて構築し、Azure上で稼働している業務システムの自動化を支援する(図1)。

 ユーザー企業は、別途、稼働基盤を調達・準備することなく、Azure上のリソースを用いて業務を自動化できる。また、「Azure Logic Apps」などのAzureのサービスを活用することで、ローコード型で業務システムや自動化処理の短期開発が可能になる。

図1:「AEDAN for Microsoft Azure」の概要(出典:アシスト)図1:「AEDAN for Microsoft Azure」の概要(出典:アシスト)
拡大画像表示
関連キーワード

アシスト / BRMS / AEDAN / 自動化

関連記事

Special

-PR-

アシスト、業務自動化ソフトのAzure版「AEDAN for Microsoft Azure」を発表アシストは2021年9月6日、業務自動化ソフトウェア「AEDAN」のMicrosoft Azure版「AEDAN for Microsoft Azure」を発表した。Azureのサービスを活用してAzure上で稼働中の業務システムの自動化を支援する。

PAGE TOP