[新製品・サービス]

LogStare、テレワークのセキュリティ運用をログ管理の視点で解説する資料を公開

2021年9月22日(水)IT Leaders編集部

LogStareは2021年9月21日、ホワイトペーパー「実践的ログ管理のポイント」を無料公開した。テレワークのセキュリティ運用をログ管理の視点で解説する資料である。無料で閲覧できる。SSL-VPNの脆弱性など、いくつかの観点でセキュリティリスクと対策方法を解説している。

 LogStareの「実践的ログ管理のポイント」は、テレワークのセキュリティ運用をログ管理の視点で解説する資料である。テレワークにおけるネットワークトラフィックの傾向、ログから確認できる不正アクセスの特徴、IT管理者が留意すべき点を解説している(図1)。

図1:ホワイトペーパーの内容イメージ(出典:LogStare)図1:ホワイトペーパーの内容イメージ(出典:LogStare)
拡大画像表示

 以下の項目について、セキュリティリスクと、対策としてのログ管理を解説している。

  • テレワークの可用性が確保できなかった実例
  • シンプルだが甚大な被害を生むSSL-VPNの脆弱性
  • インターネット上から誰でもログイン施行できるクラウド

 LogStareは、セキュアヴェイルの100%出資で2020年8月20日に設立したベンダーである。セキュリティ運用を自動化するマネージドセキュリティ基盤「LogStare」シリーズの開発と販売を目的に設立した(関連記事エージェントレスのシステム監視ソフト新版「LogStare Collector 2.0」、各種メトリクス監視が可能に)。

関連キーワード

LogStare / ログ管理

関連記事

Special

-PR-

LogStare、テレワークのセキュリティ運用をログ管理の視点で解説する資料を公開LogStareは2021年9月21日、ホワイトペーパー「実践的ログ管理のポイント」を無料公開した。テレワークのセキュリティ運用をログ管理の視点で解説する資料である。無料で閲覧できる。SSL-VPNの脆弱性など、いくつかの観点でセキュリティリスクと対策方法を解説している。

PAGE TOP