[事例ニュース]

凸版印刷とシグマアイ、量子アニーリングで物流業務を効率化する実証実験

2021年10月25日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

凸版印刷と東北大学発スタートアップのシグマアイは2021年10月25日、集荷から着荷に至る物流フローを量子アニーリングで効率化する実証実験を同年10月に開始したと発表した。システムを商用化し、2025の提供を目指す。

 凸版印刷と東北大学発スタートアップのシグマアイ(本社:東京都港区)は、集荷から着荷に至る物流フローを量子アニーリングで効率化する実証実験を2021年10月に開始した。今後、システムを商用化し、2025年の提供を目指す(図1)。

図1:量子アニーリングと「MITATE」の連携イメージ(出典:凸版印刷、シグマアイ)図1:量子アニーリングと「MITATE」の連携イメージ(出典:凸版印刷、シグマアイ)
拡大画像表示

 実証ではまず、凸版印刷のグループ会社、トッパン・コスモが提供する物流業務の効率化システム「MITATE」に量子アニーリングを適用。計画立案機能を量子アニーリングで拡張することで、配車/配送の計画に要する負担を軽減する。

 さらに、量子アニーリングで算出した配送計画の効果を可視化する。計画の算出に要した時間や、配送計画の精度など、配送計画における業務負担軽減の効果を検証する。

 実証実験の背景について両社は、ECの需要増などにより、トラック台数の削減、配送距離の最短化、渋滞回避ルートの選定など、配送計画を含めた物流システムの最適化が求められていることを挙げている。

 「一方で、配送計画には、配送先や荷物の種類、荷物到着時間やトラックの積載量など、数多くの要件がある。量子アニーリングの実証実験として近年、配送の効率化や従業員シフトの最適化などの事例があり、物流現場においても配送計画を算出できることへの期待が高まっている」(両社)。

関連キーワード

凸版印刷 / シグマアイ / 量子アニーリング / 量子コンピューティング / 実証実験 / 物流 / 東北大学 / ベンチャー

関連記事

Special

-PR-

凸版印刷とシグマアイ、量子アニーリングで物流業務を効率化する実証実験凸版印刷と東北大学発スタートアップのシグマアイは2021年10月25日、集荷から着荷に至る物流フローを量子アニーリングで効率化する実証実験を同年10月に開始したと発表した。システムを商用化し、2025の提供を目指す。

PAGE TOP