[新製品・サービス]

NEC、プライベートLTE向けに小型APコントローラを提供、導入費用は標準タイプの半分

2021年12月21日(火)IT Leaders編集部

NECは2021年12月20日、プライベートLTE向けアクセスポイント(AP)用コントローラのラインアップを拡充した。主に小規模の病院や工場などでの利用を想定した小型APコントローラを追加し、販売開始した。同年12月22日から出荷する。価格(税別)は56万8000円。プライベートLTEシステムについて、2025年度までに累計1000システム以上の提供を目指す。

 NECは、sXGPに対応したプライベートLTEシステムにおいて、アクセスポイント(AP)用コントローラのラインアップを拡充した。主に小規模の病院や工場などでの利用を想定した小型APコントローラを追加した。接続AP数などのスペックを抑える代わりに、小型化と低価格化を図っている(写真1)。

写真1:小型APコントローラのサイズイメージ(出典:NEC)写真1:小型APコントローラのサイズイメージ(出典:NEC)

 コンパクトボックス型コントローラ(NECプラットフォームズ製)をベースにしている。本体サイズは180mm×180mm×50mmのコンパクトな筐体で、標準APコントローラよりも設置場所の制約を受けない。接続UE数は最大256で、接続AP数は最大16である。

 導入費用は、標準APコントローラと比べて約2分の1である。AP数や端末数が比較的少ない場合に適している。sXGPに対応したプライベートLTEシステムの最小構成(小型APコントローラやAPなど含む)をセットにしたパッケージも販売する予定である。

 なお、sXGPは、免許不要で使えるプライベートLTEシステムである。外来ノイズが少ない1.9GHz周波数帯を用いているため、無線LANなどと比べて通信の安定性が高い。SIM認証や閉域網構成によって、セキュアなローカル無線通信ネットワークを構築する。このため、病院や工場、倉庫などの自営ネットワークで音声通話やデータ通信などに使える。

関連キーワード

NEC / プライベートLTE / sXGP / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

NEC、プライベートLTE向けに小型APコントローラを提供、導入費用は標準タイプの半分NECは2021年12月20日、プライベートLTE向けアクセスポイント(AP)用コントローラのラインアップを拡充した。主に小規模の病院や工場などでの利用を想定した小型APコントローラを追加し、販売開始した。同年12月22日から出荷する。価格(税別)は56万8000円。プライベートLTEシステムについて、2025年度までに累計1000システム以上の提供を目指す。

PAGE TOP