開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ローコード開発ツール「Magic xpa」がPostgreSQLに接続可能に

2021年12月21日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

マジックソフトウェア・ジャパンは2021年12月21日、ローコード開発ツール「Magic xpa Application Platform」(以下、Magic xpa)において、接続先のデータベースを増やしたと発表した。PostgreSQLに接続するためのミドルウェア「Magic xpa 4 PostgreSQL Gateway」を、同年12月24日から販売する。同ミドルウェアの価格(税別)は、28万円。

 Magic xpaは、ローコード開発ツールである(関連記事ローコード開発ツール「Magic xpa」新版、複数テーブルにアクセスするプログラムを生成可能に)。アプリケーションやデータベースのひな型をノンプログラミングで作れる。開発したアプリケーションは、パソコンやスマートフォンなど複数の動作環境で動く。

 Magic xpaは、各種RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)と接続するためのミドルウェアを用意している(図1)。これを使えば、データベースアクセスをともなう業務アプリケーションを、SQLを記述することなく開発できる。RDBMS固有の要素をゲートウェイが吸収するため、他のRDBMSに移行したい場合は、ゲートウェイを入れ替えるだけで済む。

図1:Magic xpaがゲートウェイミドルウェアを介して接続できるRDBMSの種類。今回新たにPostgreSQLを追加した(出典:マジックソフトウェア・ジャパン)図1:Magic xpaがゲートウェイミドルウェアを介して接続できるRDBMSの種類。今回新たにPostgreSQLを追加した(出典:マジックソフトウェア・ジャパン)
拡大画像表示

 今回、データベース接続用ミドルウェアの種類を拡充し、新たにPostgreSQL接続用の「Magic xpa 4 PostgreSQL Gateway」を用意した。オープンソースコミュニティ版「PostgreSQL 13」(Windows版)と、富士通の「FUJITSU Software Enterprise Postgres」各エディションとの接続を検証済みである。

 今回追加したPostgreSQLのほかに、Oracle Database、SQL Server、DB2/400、Actian Zen、SQLiteの各RDBMS向けのデータベース接続ミドルウェアをラインアップしている。

 価格(税別)は、以下の通り。ミドルウェアのMagic xpa 4 PostgreSQL Gatewayは、28万円。前提となるMagic xpaは、開発ツール「Studio」が18万5000円から(Webクライアント開発に限定したRIA Editionが18万5000円、通常版が60万円)。実行(ランタイム)環境は、クライアントPCが1台で6万円、5台で28万5000円など。サーバー実行環境が40万5000円(2スレッド同時並行処理)から。サーバー製品は保守料(ソフトウェアメンテナンス)が追加で発生する。

関連キーワード

Magic xpa / マジックソフトウェア・ジャパン / PostgreSQL / Oracle Database / SQLite

関連記事

Special

-PR-

ローコード開発ツール「Magic xpa」がPostgreSQLに接続可能にマジックソフトウェア・ジャパンは2021年12月21日、ローコード開発ツール「Magic xpa Application Platform」(以下、Magic xpa)において、接続先のデータベースを増やしたと発表した。PostgreSQLに接続するためのミドルウェア「Magic xpa 4 PostgreSQL Gateway」を、同年12月24日から販売する。同ミドルウェアの価格(税別)は、28万円。

PAGE TOP