開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通、GitLabのマネージドサービス「DevOps with GitLab」をFJcloud-Vで提供開始

2022年1月25日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2022年1月25日、クラウド型バージョン管理サービス「DevOps with GitLab」を提供開始した。バージョン管理システム「GitLab」をマネージド型で提供するサービスであり、ユーザー専用のGitLabサーバー環境をFJcloud-V上に用意する。

 DevOps with GitLabは、バージョン管理システム「GitLab」をマネージド型で提供するクラウドサービスである(関連記事ニフクラとFJcloud-V、GitLabのマネージドサービス「DevOps」のベータ版を提供開始)。ユーザー専用のGitLabサーバー環境をFJcloud-V上に構築して提供する。FJcloud-VのコントロールパネルからDevOps環境を調達できる。

 なお、GitLabは、バージョン管理ソフトウェア「Git」を用いたリポジトリサービスの1つである(関連記事バージョン管理システム新版「GitLab 13.0」、ボトルネックや無駄を特定しやすく)。リポジトリサーバーは、ソフトウェアとしての提供に加えてクラウドサービスもある。クラウドサービスでは、企業ごとにプライベートリポジトリを運用できる。

 富士通が今回開始したDevOps with GitLabと、GitLabが提供しているクラウドサービスとの主な違いは、表1の通り。DevOps with GitLabでは、富士通による日本語サポートが受けられるほか、GitLabのインスタンス(サーバー)を専有型で利用できる。独自ドメインやファイアウォール設定、プライベートLAN(予定)なども使える。

表1:DevOps with GitLabと、GitLabが提供しているクラウドサービスの違い(出典:富士通)表1:DevOps with GitLabと、GitLabが提供しているクラウドサービスの違い(出典:富士通)
拡大画像表示

 料金(税別)は、ハイコストパフォーマンスモデル「Type-c」のサーバーの場合、最小構成の「devops.c-large」(4vCPU、4GBメモリー)で、1台あたり1時間64円。ディスクは、100GBあたり1時間15円。

関連キーワード

富士通 / FJcloud-V / GitLab / マネージドサービス

関連記事

Special

-PR-

富士通、GitLabのマネージドサービス「DevOps with GitLab」をFJcloud-Vで提供開始富士通は2022年1月25日、クラウド型バージョン管理サービス「DevOps with GitLab」を提供開始した。バージョン管理システム「GitLab」をマネージド型で提供するサービスであり、ユーザー専用のGitLabサーバー環境をFJcloud-V上に用意する。

PAGE TOP