[事例ニュース]

アステラス製薬、基幹システムを刷新、日本、米州、欧州の3拠点で導入を完了

2022年2月28日(月)IT Leaders編集部

アステラス製薬は、基幹システムの刷新プロジェクトにおいて、日本、米州(南北アメリカ大陸)、欧州の3拠点に新システムの導入が完了した。今後、導入拠点をさらに拡大していく計画である。新基幹システムは、グローバル規模で業務を標準化・簡素化し、これまで国や拠点や部門にまたがって存在していたサプライチェーン、人事、購買、会計などのデータを連携させて統合する。システム構築を支援したアクセンチュアが2022年2月25日に発表した。

 アステラス製薬は、基幹システムの刷新プロジェクトに取り組んでいる。今回、日本、米州、欧州の3拠点に新システムの導入が完了した。今後、導入拠点をさらに拡大していく。基幹システムの刷新に合わせて、グローバルで適所に人材の配置と評価が可能なタレントマネジメントシステム「SAP SuccessFactors」も導入した。

 新基幹システムは、グローバル規模で業務を標準化・簡素化する。これまで国や拠点や部門にまたがって存在していた、サプライチェーン、人事、購買、会計などのデータを連携させて統合する。企業活動の可視化によって、「エンタープライズデジタルツイン」の実現を目指す。デジタル上で、将来のビジネス機会やリスクを予測し、意思を決定し、業務を遂行できるようにする。

 新基幹システムは、「SAP S/4HANA」を中核とし、Microsoft Azureのパブリッククラウド上に構築。SAPの各種クラウドサービスを統合したフルクラウド構成のシステムを、グローバル全体でシングルインスタンスで実現している。クラウドの特性により、BCP(事業継続計画)環境の整備や合併・買収時の事業拡大などに即座に対応できる体制を整えた。

 新基幹システムの導入・配備と並行して、グローバル規模のBPO(業務アウトソーシング)も進めている。今後は、新基幹システムで集約したデータとBPOで取り扱うデータに、AI、RPA(ロボットによる業務自動化)、データ分析などの技術を組み合わせたオペレーションを実現する。これにより、販売管理費を適正化する。

 「基幹システムの刷新により、グローバルレベルで業務の統合が進んでいる。販売管理費の適正化や、社員の高付加価値業務への集中化など、ビジネスに貢献できる環境が整いつつある」(アステラス製薬)。

関連キーワード

アステラス製薬 / S/4HANA / SAP / Accenture / 製薬 / 製造 / 基幹システム / デジタルツイン

関連記事

Special

-PR-

アステラス製薬、基幹システムを刷新、日本、米州、欧州の3拠点で導入を完了アステラス製薬は、基幹システムの刷新プロジェクトにおいて、日本、米州(南北アメリカ大陸)、欧州の3拠点に新システムの導入が完了した。今後、導入拠点をさらに拡大していく計画である。新基幹システムは、グローバル規模で業務を標準化・簡素化し、これまで国や拠点や部門にまたがって存在していたサプライチェーン、人事、購買、会計などのデータを連携させて統合する。システム構築を支援したアクセンチュアが2022年2月25日に発表した。

PAGE TOP