[調査・レポート]

国内ITサービス市場がプラス成長に回復、2021年は前年比3.2%増の5兆8713億円─IDC

2022年3月4日(金)IT Leaders編集部

IDC Japanは2022年3月3日、国内ITサービス市場の予測を発表した。2021年の国内ITサービス市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響が一部で続いたものの、市場全体としては順調に回復し、プラス成長に転換した。2022年以降も堅調に推移し、2026年には6兆7410億円になる見通しである。

 IDC Japanの調査によると、2021年の国内ITサービス市場は前年比3.2%増の5兆8713億円だった。リモートワークを前提としたITサービス事業者のビジネスプロセスが定着し、前年にCOVID-19の影響を受けた商談やプロジェクト、サービスデリバリの正常化が進んだ。さらに、既存システムの刷新/更新や、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連の需要がプロジェクトベース市場の成長を牽引した(図1)。

図1:国内ITサービス市場 支出額予測:2021年~2026年(出典:IDC Japan)図1:国内ITサービス市場 支出額予測:2021年~2026年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 IDCによると、2022年は、2021年に回復が遅れた分野の反動増が見込まれるという。同社は今回の予測から、データセンター(DC)サービスを含むHIS(ホスティングインフラストラクチャサービス)に、ホールセールコロケーションを含めている。「ホールセールコロケーションは、クラウド事業者向けのハイパースケールDCの需要拡大を背景として、マネージドサービス市場の成長分野になっている。2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は2.8%で推移する」(同社)。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内ITサービス市場 産業分野別予測、 2022年~2026年』で詳細を報告している。同レポートでは、国内ITサービス市場を12の市場セグメントおよびユーザー企業の産業分野別(18産業)に分類し、2026年までの市場規模を予測している。

関連キーワード

IDC / ITサービス / 市場調査

関連記事

Special

-PR-

国内ITサービス市場がプラス成長に回復、2021年は前年比3.2%増の5兆8713億円─IDCIDC Japanは2022年3月3日、国内ITサービス市場の予測を発表した。2021年の国内ITサービス市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響が一部で続いたものの、市場全体としては順調に回復し、プラス成長に転換した。2022年以降も堅調に推移し、2026年には6兆7410億円になる見通しである。

PAGE TOP