[事例ニュース]

三井化学、2025年度までにDX専門人材165人を育成、化学分野の研修コンテンツを自社作成

2022年3月25日(金)IT Leaders編集部

三井化学は2022年3月24日、CX(企業変革)実現に向けたデジタルトランスフォーメーション(DX)人材の育成プランを策定し、化学業界に特化した独自の研修コンテンツを作成したと発表した。2025年度までに専門人材165人の社内育成を目指す。教材の作成にあたっては、NECおよびアビームコンサルティングの協力を得た。

 三井化学は、全社員のデジタルリテラシー向上のため、レベル0~レベル3の4段階のDX人材レベルを定義した(表1)。さらに、レベルごとに習得すべきスキルに基づき、人材育成プランを作成した。

表1:DX人材レベルの定義および育成プラン(出典:三井化学)表1:DX人材レベルの定義および育成プラン(出典:三井化学)
拡大画像表示

 レベル0の研修コンテンツについては、2021年度に役員を含む1万人が受講済みである。

 2022年度は、営業部門やマーケティング部門などに所属する約1000人がレベル1の研修コンテンツを受講する。これにより、データ分析に関する基本的な知識を習得する。また、レベル1の研修コンテンツを受講した社員の中から、レベル2やレベル3に進む人材を選出する。こうして、みずからデータを活用して課題解決に導くデータサイエンティストの社内育成を目指す。

 レベル0とレベル1の研修コンテンツは、役員やバックオフィスメンバーを含む多数の従業員を対象に、幅広いデータ分析スキルの定着を目的としている。一般的なデータサイエンティスト育成用の研修コンテンツではなく、化学業界の特性や三井化学の業務を想定した独自の教材を作成した。さらに、修了後の認定試験を設けることで、スキルの定着化を促進する。

 教材の作成にあたっては、業務部門が最低限のマシンラーニング(機械学習)の知識を用いて実践的に分析を行うことを目標に。NECの「DX人材育成サービス」のコンセプト、およびアビームコンサルティングの「ABeam DX Framwork」を一部活用した。

 レベル1の研修コンテンツでは、三井化学の業務を想定したユースケースに基づき、データ分析を自動で行う「dotData」を活用したコンテンツを盛り込んだ。ロールプレイングを通じた分析演習による実践的なマシンラーニングスキルの習得を目指す。

 レベル2の研修コンテンツでは、DXの推進に必要なデジタル人材育成を支援する「NECアカデミー for DX」の一部活用を予定している。

関連キーワード

三井化学 / 製造 / 教育プログラム / 人材育成 / デジタルトランスフォーメーション

関連記事

Special

-PR-

三井化学、2025年度までにDX専門人材165人を育成、化学分野の研修コンテンツを自社作成三井化学は2022年3月24日、CX(企業変革)実現に向けたデジタルトランスフォーメーション(DX)人材の育成プランを策定し、化学業界に特化した独自の研修コンテンツを作成したと発表した。2025年度までに専門人材165人の社内育成を目指す。教材の作成にあたっては、NECおよびアビームコンサルティングの協力を得た。

PAGE TOP