[市場動向]

三井住友銀行、約8時間のシステム障害が復旧、原因は勘定系/ATMの接続不具合

2022年5月2日(月)IT Leaders編集部

三井住友銀行は2022年5月1日、同年4月30日夕方に発生したシステム障害が5月1日午前に復旧し、処理遅延などが生じていた同行の複数のサービスが通常どおり利用できるようになったと発表した。同行によると、今回のシステム障害は勘定系システムとATMチャネル間のシステム接続の不具合によるものだという。

 三井住友銀行の発表によると、今年のゴールデンウィークの最初の週末となる2022年4月30日の17時35分頃より、同行本支店のATMやクレジットカード取引で、処理遅延などが発生。約8時間後の5月1日10時頃にシステムの復旧を完了し、通常どおりの取引が可能になった。

 システム障害の原因について同行は、勘定系システムとATMチャネル間とのシステム接続が不安定だったとした。障害発生中、処理に影響が及んだサービスは以下のとおり。

(1)同行本支店ATMでの他行カード取引、クレジットカード取引
(2)コンビニATMでの同行カード取引、クレジットカード取引
(3)PayPayなどモバイル決済サービスへの入金チャージ
(4)SMBCデビットカード
(5)公営競技投票

関連キーワード

三井住友銀行 / システム障害 / 勘定系システム / ATM / BCP/DR / 銀行 / 金融

関連記事

Special

-PR-

三井住友銀行、約8時間のシステム障害が復旧、原因は勘定系/ATMの接続不具合三井住友銀行は2022年5月1日、同年4月30日夕方に発生したシステム障害が5月1日午前に復旧し、処理遅延などが生じていた同行の複数のサービスが通常どおり利用できるようになったと発表した。同行によると、今回のシステム障害は勘定系システムとATMチャネル間のシステム接続の不具合によるものだという。

PAGE TOP