[新製品・サービス]

キヤノンITS、PC画面の“のぞき見”による情報漏洩を防ぐ「のぞき見プロテクター」

2022年5月26日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2022年5月26日、顔認証のぞき見防止ソフトウェア「のぞき見プロテクター」を提供開始した。PCのWebカメラに第三者が映ったことを検知して画面をブラックアウトする。のぞき見された時のWebカメラ画像とPC画面も記録する。価格(税別)は最小構成20ライセンスで年額4万8000円、追加5ライセンスが年額1万2000円。稼働OSは、Windows 8.1 Pro/10 Pro/10 IoT Enterprise(いずれも64ビット)。

 キヤノンITソリューションズの「のぞき見プロテクター」は、顔認証によってPC画面の“のぞき見”を防止するソフトウェアである。PCのWebカメラで本人を認証し、本人不在時や、カメラに本人以外の第三者が映ったことを検知した際には、画面をブラックアウトして情報漏洩を防ぐ。第三者を検知した時(のぞき見された時)のWebカメラ画像とPC画面も記録する(図1)。

図1:顔認証のぞき見防止ソフトウェア「のぞき見プロテクター」の概要(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:顔認証のぞき見防止ソフトウェア「のぞき見プロテクター」の概要(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 特徴は、Webカメラの画角に応じて、広い範囲でのぞき見を防ぐ点である。また、プライバシーフィルターと異なり、真正面からののぞき見も検出してブロックできる。Web会議でバーチャル背景を使っていても、元のカメラ映像からのぞき見を防ぐ。マスクなどで顔の一部が隠れた状態や、手元の資料確認でうつむいた状態、逆光などの悪条件でも本人を認証するとしている。

 価格(税別)は、最小構成20ライセンスで年額4万8000円、追加5ライセンスが年額1万2000円。稼働OSは、Windows 8.1 Pro/10 Pro/10 IoT Enterprise(いずれも64ビット)。

 製品提供の背景として同社は、リモートワークやフリーアドレス化など、業務におけるPCの利用環境が変化する中、のぞき見のリスクが高まっていることを挙げている。

関連キーワード

キヤノンITソリューションズ / 顔認証 / 情報漏洩対策 / テレワーク / リモートワーク

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、PC画面の“のぞき見”による情報漏洩を防ぐ「のぞき見プロテクター」キヤノンITソリューションズは2022年5月26日、顔認証のぞき見防止ソフトウェア「のぞき見プロテクター」を提供開始した。PCのWebカメラに第三者が映ったことを検知して画面をブラックアウトする。のぞき見された時のWebカメラ画像とPC画面も記録する。価格(税別)は最小構成20ライセンスで年額4万8000円、追加5ライセンスが年額1万2000円。稼働OSは、Windows 8.1 Pro/10 Pro/10 IoT Enterprise(いずれも64ビット)。

PAGE TOP