[新製品・サービス]

JBCC、「kintoneなんでも相談サービス」を開始、Web会議でのカスタマイズ支援、30種類の業務テンプレートを提供

2022年6月24日(金)IT Leaders編集部

JBCCは2022年6月23日、開発ツール支援サービス「kintoneなんでも相談サービス」を提供開始した。サイボウズのローコード開発ツール「kintone」によるアプリケーション開発を支援する。Web会議による対話型のカスタマイズ支援と、30種類の業務テンプレートを提供する。価格(税別)はカスタマイズ3回までの「Entryパック」で38万円。

 サイボウズの「kintone」は、プログラミングの知識がなくても業務を効率化するアプリケーションを作成可能なノーコード/ローコード開発ツールである。アプリケーション同士や既存のシステムとの連携、ユーザー独自の機能追加など、一連の業務に適したシステム開発が可能である。

 JBCCの「kintoneなんでも相談サービス」は、kintoneの特徴を生かして、システム開発をより簡単かつ迅速に行うためのサービスである。Web会議を利用した対話型カスタマイズ支援と、業務アプリケーションのテンプレートの提供によって、ユーザーの業務に合ったオーダーメイドのアプリケーション開発を支援する。

 対話型のカスタマイズ支援では、JBCCの開発者がWeb会議で開発中のアプリケーションの問題点をヒアリングする。そのうえで、アプリケーション連携やワークフロー機能の実装など、ユーザーごとに異なる課題を自ら解決できるように、技術的なアドバイスを行う。

 サービスの提供に伴って、JBCCは、同社内や各ユーザーへの導入で培った知見とノウハウを生かして作成した30種類の業務アプリケーションテンプレートを提供する(表1)。例えば、営業部門テンプレートでは、顧客情報の管理から案件管理、活動履歴など、一連の業務を連携させて管理するアプリケーションを1から作り込むことなく、そのまま利用できる。

 アプリケーションは、業務に合わせてカスタマイズが可能。kintone標準機能のカスタマイズ、テンプレートやユーザーが作成したアプリケーションのカスタマイズ、プラグインや連携サービス、JavaScriptを使ったカスタマイズなどが可能である。

 カスタマイズ支援回数などに応じて、「Entryパック」と「Standardパック」の2種類のメニューを用意した。Entryパックは、カスタマイズが3回まで(1回1時間)、支援サービスの有効期間はサービス開始月と翌月1カ月間。Standardパックは、カスタマイズが5回まで(1回1時間)、支援サービスの有効期間はサービス開始月と翌月2カ月間。

表1:アプリケーションテンプレート一覧。全30種類(出典:JBCC)
営業部門管理
(6種類)
  • 顧客の声管理
  • 見積書
  • 活動履歴
  • 案件管理
  • 製品管理
  • 顧客管理
営業アシスタント
(2種類)
  • 与信管理
  • 受注・売上管理
人事
(6種類)
  • 面談記録
  • 会社説明会アンケート
  • 採用関連ファイル管理
  • 優先選考リスト
  • 合格者リスト
  • 新卒採用管理(個人情報)
情報システム
(9種類)
  • ライセンス管理
  • セキュリティインシデント管理
  • システム作業申請書
  • 各部署からのお知らせ
  • 情報システム部管理機器予約
  • J-SOX報告書管理
  • 作業管理
  • システム関連問い合わせ
  • 管理機器台帳(デバイス管理)
購買
(7種類)
  • 日報
  • 工場SDGs対応情報
  • 購買申請
  • 交渉履歴
  • 交渉案件
  • 仕入品マスター
  • 仕入品リスト
関連キーワード

JBCC / kintone / ローコード

関連記事

Special

-PR-

JBCC、「kintoneなんでも相談サービス」を開始、Web会議でのカスタマイズ支援、30種類の業務テンプレートを提供JBCCは2022年6月23日、開発ツール支援サービス「kintoneなんでも相談サービス」を提供開始した。サイボウズのローコード開発ツール「kintone」によるアプリケーション開発を支援する。Web会議による対話型のカスタマイズ支援と、30種類の業務テンプレートを提供する。価格(税別)はカスタマイズ3回までの「Entryパック」で38万円。

PAGE TOP