[新製品・サービス]

Microsoft 365に営業/コンタクトセンター業務を支援する生成AI「Copilot」を追加

2024年1月23日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本マイクロソフトは2024年1月23日、説明会を開き、生成AIによるアシスタント機能「Copilot」を追加した製品を紹介した。同年2月に、営業担当者向けの「Microsoft Copilot for Sales」とコンタクトセンター向けの「Microsoft Copilot for Service」の一般提供を開始する。価格は両サービスとも月額50米ドルで、Copilot for Microsoft 365ライセンスを購入済みのユーザーは月額20米ドルで利用できる。

 マイクロソフトはこれまで、生成AIによるアシスタント機能「Copilot」を、Windows 11、Officeアプリケーション製品群「Microsoft 365」、CRM/ERPアプリケーション「Dynamics 365」、ローコード開発ツール「Power Platform」などに組み込んで提供してきた。

 2024年2月1日には、「Copilot for Microsoft 365」をベースに、営業担当者向けとコンタクトセンター向けの生成AI機能をそれぞれ追加してリリースする。営業担当者向けの「Microsoft Copilot for Sales」(図1)とコンタクトセンター向けの「Microsoft Copilot for Service」である。

図1:営業担当者向けの「Microsoft Copilot for Sales」は、外部のCRMシステムで管理する顧客情報を、Microsoft 365の各アプリケーションのCopilotから活用できるようにする(出典:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

 営業担当者向けのMicrosoft Copilot for Salesは、外部のCRM(顧客関係管理)アプリケーションで管理する顧客情報を、Microsoft 365の各アプリケーションのCopilotから活用できるようにする。例えば、プロンプトの入力指示からCRMのデータを読み込み、Word文書を自動生成するといった使い方が可能。現時点で接続可能なCRMアプリケーションはDynamics 365とSalesforceである。

 コンタクトセンター向けのMicrosoft Copilot for Serviceは、外部のコンタクトセンターアプリケーションで、Dynamics 365に組み込まれたCopilotと同等の生成AI機能を利用できるようにする。利用可能なコンタクトセンターアプリケーションはSalesforce、ServiceNow、ZenDeskである。

 両サービスの価格は、Copilot for Microsoft 365ライセンス(月額30米ドル)を含んだ月額50米ドル。同ライセンスを契約済みのユーザーは月額20米ドルで利用できる。

 このほか説明会では、ローコード開発ツールのPower Platformに組み込まれたCopilotの機能を紹介した。自然言語のプロンプトからのアプリケーション開発が可能な「Copilot in Power Apps」、ユーザーのカスタムCopilotを用いたローコード開発に対応した「Microsoft Copilot Studio」である。両サービスとも英語版をリリース済みで、日本語版のリリース時期は未定。

関連キーワード

Microsoft / 生成AI / Microsoft 365 / Power Platform / Dynamics 365 / CRM / Office

関連記事

トピックス

[Sponsored]

Microsoft 365に営業/コンタクトセンター業務を支援する生成AI「Copilot」を追加日本マイクロソフトは2024年1月23日、説明会を開き、生成AIによるアシスタント機能「Copilot」を追加した製品を紹介した。同年2月に、営業担当者向けの「Microsoft Copilot for Sales」とコンタクトセンター向けの「Microsoft Copilot for Service」の一般提供を開始する。価格は両サービスとも月額50米ドルで、Copilot for Microsoft 365ライセンスを購入済みのユーザーは月額20米ドルで利用できる。

PAGE TOP