[イベントレポート]

Oracle+NetSuiteのシナジーで期待される、クラウドERPのさらなる進化

NetSuite SuiteConnect 2017

2017年10月11日(水)河原 潤(IT Leaders編集部)

企業ITにおけるクラウド活用が前提となって久しいが、基幹系システムを担うERPに関してはクラウド化が難しいという声を聞く。クラウドERPのパイオニア的存在である米ネットスイート(NetSuite) は、デジタル変革期の今、どのようなビジョンの下でユーザーに価値を提案・提供しているのか。2017年10月3~4日に開催されたNetSuite SuiteConnect 2017では、Oracle+NetSuiteとしてのビジョンとポートフォリオが示された。

NetSuiteの最新ポートフォリオ/ソリューション

 NetSuite SuiteConnect 2017(写真2)で示された、ネットスイートの現在のポートフォリオを確認してみる(図1)。ERPをはじめとするNetSuiteアプリケーションは、「OneWorld」によってグローバル経営管理に対応し、PaaS(Platform as a Service) の「SuiteCloud」によってクラウド上での拡張やカスタマイズが可能になる。全アプリケーション/サービスの一貫したインタフェース/エクスペリエンスはサービス提供基盤である「Unified Cloud Platform」によって実現されている。

図1:ネットスイートのポートフォリオ(出典:Oracle NetSuite Global Business Unitの資料を基に編集部で作成)
拡大画像表示

NetSuiteアプリケーション

 「NetSuite ERP」は、財務会計管理から受注管理、生産管理、サプライチェーン管理(SCM)、倉庫管理/フルフィルメント、プロキュアメント、人事・人材管理(HCM)までを網羅する、ネットスイートの原点にして中核のアプリケーションである。HCMに関しては2017年4月に、人材の育成・最適配置(タレントマネジメント)に特化した「SuitePeople」が追加されている。

 「NetSuite OneWorld」は、ERPをはじめとするNetSuiteアプリケーションのグローバル経営管理機能を集約したものだ。190の通貨、20の言語、100を超える国の税務報告書に対応し、各国・地域拠点の子会社や関連会社に対するリアルタイムな経営管理をサポートする。

 「NetSuite CRM」は、SFA、カスタマーサービス管理、マーケティングオートメーションといったCRMの基本機能に加えて、フォーキャスト管理、パートナー関係管理(PRM)、委託管理、発注計画管理、統合EC管理などの機能も備える。「顧客をリアルタイムに360度見渡せる」(同社)ことに主眼を置き、営業活動・CRMのライフサイクル全体を管理可能にする。「NetSuite Omnichannel Commerce」は、ECとPOS、バックオフィスを緊密に連携する「Suite Commerce」プラットフォームの存在が、競合他社のEC系アプリケーションとの明確な差別化ポイントとなっている。

業界別ソリューション

 「SuiteSuccess」は、これまでのネットスイートの業界別ソリューションを再編したもので、広告・出版、金融(FinTech)、製造、非営利団体、小売、サービス、ソフトウェア/インターネット、卸・販売の8業界をサポートする。同社によると、テンプレートやカスタムコードを用いて業界固有の要件にこたえる従来型手法を発展させ、業界や顧客ごとの実践にまつわるナレッジ、設定されたKPI、アジャイル型の製品実装といった新しいアプローチを取り入れているという。

付加価値ソリューション

 「NetSuite SuiteCloud」は、ユーザー固有のニーズに応じたNetSuiteの拡張・カスタマイズや新規アプリケーションの開発を可能にするPaaSである。

 「NetSuite BI」は、NetSuite標準のBI(ビジネスインテリジェンス)モジュールで、NetSuite内のすべてのプロセスやデータの可視化を担う。ロール別にカスタマイズ可能なリアルタイムダッシュボード、レポーティング、分析などの機能を提供する。

 「NetSuite PSA」は、企業のサービスデリバリー事業をサポートするサービス。リソース管理やプロジェクト会計、タイムシート、経費管理を含むプロフェッショナルサービスオートメーション機能(PSA)をERP/CRM/ECと連携させる。

関連キーワード

NetSuite / ERP / グローバル / PSA / Oracle / M&A

関連記事

Special

-PR-

Oracle+NetSuiteのシナジーで期待される、クラウドERPのさらなる進化 [ 2/3 ] 企業ITにおけるクラウド活用が前提となって久しいが、基幹系システムを担うERPに関してはクラウド化が難しいという声を聞く。クラウドERPのパイオニア的存在である米ネットスイート(NetSuite) は、デジタル変革期の今、どのようなビジョンの下でユーザーに価値を提案・提供しているのか。2017年10月3~4日に開催されたNetSuite SuiteConnect 2017では、Oracle+NetSuiteとしてのビジョンとポートフォリオが示された。

PAGE TOP