[新製品・サービス]

NTTPC、月額318円のクラウド仮想サーバー「WebARENA Indigo」を提供

2019年10月28日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTPCコミュニケーションズは2019年10月28日、パブリッククラウドサービス「WebARENA」のラインアップを拡充し、最安価となる「WebARENA Indigo」を発表した。仮想サーバーを提供するVPS(仮想専用サーバー)型のサービスの1つである。仮想サーバー1台あたりの月額上限料金(税別)は318円からで、同日提供を開始した。

 WebARENA Indigoは、パブリッククラウドサービスであるWebARENAのうち、ユーザー専用の仮想サーバーを提供するVPS(仮想専用サーバー)の1つである。既存のVPSサービス「VPSクラウド」よりも安価な最安価サービスとしてラインアップに追加した。サーバー仮想化ソフトはLinux標準のKVMを使う。

 具体的な価格は、表1の通り。最小構成のメモリー1GB構成(1vCPU、メモリー2GB、SSD 20GB)の月額上限料金が318円、メモリー2GB構成(2vCPU、メモリー2GB、SSD 40GB)が636円である。2019年11月から提供するメモリー4GB構成(4vCPU、メモリー4GB、SSD 80GB)は1272円、メモリー8GB構成(8vCPU、メモリー8GB、SSD 160GB)は2544円である。

表1:WebARENA Indigoの料金(税別)
メモリー CPU SSD 仮想化方式 時間従量料金 月額上限料金
1GB 1vCPU 20GB KVM 0.5円(税込0.55円) 318円(税込349円)
2GB 2vCPU 40GB KVM 1円(税込1.1円) 636円(税込699円)
4GB 4vCPU 80GB KVM 2円(税込2.2円) 1272円(税込1399円)
8GB 6vCPU 160GB KVM 4円(税込4.4円) 2544円(税込2798円)

 一方、既存のVPSクラウドは、最安価となるメモリー1GB構成(1vCPU、メモリー2GB、SSD 20GB)が360円、メモリー4GB構成(4vCPU、メモリー4GB、SSD 100GB)が2880円、など。なお、VPSの最上位サービスは「SuitePRO V4」で、料金は月額8400円からで、初期費用も別途必要。

 今回、最安価となるWebARENA Indigoを提供する背景には、中堅・中小企業を中心に、より価格性能比の高い仮想サーバーが求められているという状況がある。同社は、NTTコミュニケーションズが提供終了を発表した「Cloudn」の移行先として、よりシンプルで安価なサービスを求めるユーザーに適する、としている(関連記事NTT Com、パブリッククラウド「Cloudn」を2020年末に終了、基幹向けの「Enterprise Cloud」に統合)。

関連キーワード

NTTPCコミュニケーションズ / WebARENA

関連記事

Special

-PR-

NTTPC、月額318円のクラウド仮想サーバー「WebARENA Indigo」を提供NTTPCコミュニケーションズは2019年10月28日、パブリッククラウドサービス「WebARENA」のラインアップを拡充し、最安価となる「WebARENA Indigo」を発表した。仮想サーバーを提供するVPS(仮想専用サーバー)型のサービスの1つである。仮想サーバー1台あたりの月額上限料金(税別)は318円からで、同日提供を開始した。

PAGE TOP