[事例ニュース]

パナソニック、8000人を対象に顔認証による入退管理を開始、勤怠管理との連携も検証

2020年3月4日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

パナソニックは2020年3月4日、社内分社のコネクティッドソリューションズ社において、約8000人を対象に顔認証による入退管理の運用を開始した。勤怠管理システムとの連携も開始した。東京本社の7階、15階、16階、17階の4フロアに導入した。

 パナソニックのコネクティッドソリューションズ社は、東京本社の7階、15階、16階、17階の4フロアで、約8000人を対象に、顔認証による入退管理の運用を開始した(写真1)。オフィスフロアの各部屋に入室・退室する際には、壁掛けチェッカーの前に近づくだけで、顔認証によってドアを解錠できる。

写真1:顔認証の様子(出典:パナソニック)写真1:顔認証の様子(出典:パナソニック)

 従来型のICカードによる入退管理には、カードの紛失やなりすましなどの課題があった。顔認証による入退管理を導入することによって、カードの紛失やなりすましといった課題を解決できる。さらに、スピードや利便性が向上する。

 勤怠管理システムとも連携させた。顔認証による入退許可の際に、勤怠管理システムに情報を通知して入退出時刻を登録する仕組みである。

 顔認証システムとして、2019年2月に提供を開始した「入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)」を導入した。

 顔認証のための顔画像を用意する方策はこうだ。今回の導入では、約8000人の登録者の顔画像として、すでに撮影済みの社員証の画像を再利用した。今後、勤怠連携のための認証精度を継続的に検証、改善していく。

 顔認証の結果パラメータを分析し、認識精度が低いユーザーを抽出した上で、システム管理者と連携することで、認証精度の継続的な改善を検証する。本導入での成果を踏まえ、2020年度のKPAS製品を機能強化していく。

関連キーワード

顔認証 / パナソニック

関連記事

Special

-PR-

パナソニック、8000人を対象に顔認証による入退管理を開始、勤怠管理との連携も検証パナソニックは2020年3月4日、社内分社のコネクティッドソリューションズ社において、約8000人を対象に顔認証による入退管理の運用を開始した。勤怠管理システムとの連携も開始した。東京本社の7階、15階、16階、17階の4フロアに導入した。

PAGE TOP