コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

SB C&S、ビデオ会議サービス「Zoom」を販売開始、請求書払いに対応し周辺機器も提供

2020年3月12日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SB C&Sは2020年3月12日、クラウド型ビデオ会議システム「Zoom」の販売を開始した。請求書払いで購入できるため、企業にとって導入しやすい。価格(税別)は1ライセンス(1ホスト)あたり年額2万4000円(「Pro」プラン)から。Zoomの開発会社は、米Zoom Video Communications(日本法人:Zoom Video Communications Japan)。

 SB C&Sは、クラウド型ビデオ会議サービス「Zoom」の販売を開始した。開発元の米Zoom Video Communications(日本法人:Zoom Video Communications Japan)の直販サイト購入と比べたメリットとして、請求書ベースでの料金支払い対応を打ち出している(直販の場合はクレジットカード支払のみ)。

 また、カメラやマイクなどの関連機器を一緒に購入できることもメリットに挙げる。なお、契約期間は1年間で、月額ではなく年間ライセンスで購入する形になる。

 価格(税別)は、「Pro」プラン(5~9ライセンス、接続デバイス数100台、クラウド録画機能1Gバイト)が年額2万4000円、「Business」プラン(10~49ライセンス、接続デバイス数300台、クラウド録画機能1Gバイト)が年額3万2400円、「Enterprise」プラン(50~ライセンス、接続デバイス数500台+ウェビナー、クラウド録画機能無制限)が年額3万8400円。

 Zoomは、PCやスマートフォン/タブレットなどを使って、手軽に会議を開催したり会議に参加したりできることをセールスポイントにグローバルでユーザーを増やしている。カメラ映像とマイク音声、資料共有などを使って、リモートワークにおいても会社の会議室にいるように会議ができるとしている(写真1)。

写真1:Zoomの利用イメージ(出典:SB C&S)写真1:Zoomの利用イメージ(出典:SB C&S)
拡大画像表示

 特徴の1つは、簡単に会議に参加できること。主催者から教えてもらったURLをクリックするだけで会議に参加できる。また、十分なネットワーク環境のない外出先でのスマートフォンを使った会議でも、途切れにくいとしている。また、最大で1万人が視聴可能なミーティングを放送できるウェビナー機能を搭載している。視聴者は、チャットなどを使ってホストとやり取りできる。

 ビデオ会議の参加者は、外見を補正したり、背景を変更したりできる。会議を記録するレコーディング(クラウド/ローカル)機能も備える。文字起こし機能(日本語は開発中)も備えており、録画内容を文字列で検索できる。

関連キーワード

SB C&S / Zoom / Web会議システム / テレワーク / リモートアクセス

関連記事

Special

-PR-

SB C&S、ビデオ会議サービス「Zoom」を販売開始、請求書払いに対応し周辺機器も提供SB C&Sは2020年3月12日、クラウド型ビデオ会議システム「Zoom」の販売を開始した。請求書払いで購入できるため、企業にとって導入しやすい。価格(税別)は1ライセンス(1ホスト)あたり年額2万4000円(「Pro」プラン)から。Zoomの開発会社は、米Zoom Video Communications(日本法人:Zoom Video Communications Japan)。

PAGE TOP