[事例ニュース]

三菱UFJ銀行、既存PCを専用OSでシンクライアント化、在宅勤務などを容易に

2020年4月13日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三菱UFJ銀行は、2019年から順次、既存PCをシンクライアント化している。PCにインストールして使うシンクライアント専用OS「Resalio Lynx 700」を使っている。Resalio Lynx 700を販売したアセンテックが2020年4月13日に発表した。

 三菱UFJ銀行は、2010年から仮想デスクトップとシンクライアント端末を運用している。2019年からは、在宅勤務やテレワークを実現するため、Linuxベースの専用シンクライアントOSを用いた新しい端末「PAPRIKA端末」を導入している。

 PAPRIKA端末を本部勤務の行員を中心に展開している。これにより、在宅勤務などのように、仕事環境にとらわれない新しい働き方を広げた。感染症発生などの危機的状況下においても、柔軟に対応できるようにした。

 PAPRIKA端末は、薄型軽量のノートPCをベースに、シンクライアントOSとしてLinux(Ubuntu 16)ベースのResalio Lynx 700を搭載している。端末のOSをWindowsからResalio Lynx 700に変更することで、端末にデータを保存せずに済み、セキュリティが向上する。セキュリティパッチの適用頻度も減る。

 シンクライアントOSのResalio Lynx 700は、VDI(デスクトップ仮想化)システムに接続してWindowsを遠隔操作する仕掛けとして、RDP(Windows標準)、ICA(Citrix)、PCoIP(VMware)など、各種の画面情報端末プロトコルを搭載する。さらに、ローカルで動作するWebブラウザ(Firefox)やSSL VPN接続機能も搭載する。

関連キーワード

三菱UFJ銀行 / シンクライアント

関連記事

Special

-PR-

三菱UFJ銀行、既存PCを専用OSでシンクライアント化、在宅勤務などを容易に三菱UFJ銀行は、2019年から順次、既存PCをシンクライアント化している。PCにインストールして使うシンクライアント専用OS「Resalio Lynx 700」を使っている。Resalio Lynx 700を販売したアセンテックが2020年4月13日に発表した。

PAGE TOP