[新製品・サービス]

AOSデータ、企業情報システムを対象にOntrackのデータ復旧サービスを販売

2020年4月24日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

データバックアップやデータ復旧・消去などの製品サービスを手がけるAOSデータは2020年4月24日、ケーエルディスカバリオントラック(オントラック・ジャパン)が提供しているデータ復旧サービスの取り扱い(販売)を開始すると発表した。企業において、SANストレージ、仮想化環境、データベース、メールサーバーなどで生じた障害に対し、データ復旧サービスを提供する。

 AOSデータは、ストレージデータ復旧サービスを拡充する。新たに、ケーエルディスカバリオントラック(オントラック・ジャパン)が提供しているデータ復旧サービスの販売窓口となる。AOSデータはこれまで、主にクライアントPCやスマートフォンなどのデータを復旧するサービスを手がけてきた。今後は、オントラック・ジャパンのサービスを使い、企業情報システム分野のデータ復旧事業を拡大する。

 オントラック・ジャパンのデータ復旧サービスのメリットについて同社は、ストレージベンダーやミドルウェア/アプリケーションソフトウェアベンダーとパートナシップを結んでおり、これらの製品群のデータ復旧技術を持っている、とアピールしている。企業情報システムはRAID、ストレージ、仮想化、アプリケーションというようにレイヤーが重なっており、構造が複雑だとしている。さらに、同じベンダーでもストレージ製品ブランドごとに記録方式が異なり、復旧の方法も異なるといった難しさがある、としている。

 なお、オントラック・ジャパンが提供するデータ復旧サービスの特徴の1つは、障害を持つストレージドライブからクローンイメージを生成して復旧作業を実施することである(関連記事オントラックがデータ復旧サービス施設を拡大、386.6平米で月間350~500案件を処理可能に)。仮想化したクローンイメージに対してデータの論理解析・修復作業を実施することによってデータの安全を守り、データが失われてしまうといった事故を防ぐ。

関連キーワード

AOSデータ / データ復旧

関連記事

Special

-PR-

AOSデータ、企業情報システムを対象にOntrackのデータ復旧サービスを販売データバックアップやデータ復旧・消去などの製品サービスを手がけるAOSデータは2020年4月24日、ケーエルディスカバリオントラック(オントラック・ジャパン)が提供しているデータ復旧サービスの取り扱い(販売)を開始すると発表した。企業において、SANストレージ、仮想化環境、データベース、メールサーバーなどで生じた障害に対し、データ復旧サービスを提供する。

PAGE TOP