コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

会社がG Suiteを契約していなくてもGoogle Meetを利用可能に、無料版やチーム向けを新設

2020年4月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

グーグルは2020年4月29日、クラウド型のWeb会議システム「Google Meet」を、G Suiteを契約していないユーザーでも利用できるようにすると発表した。グーグルのアカウント(メールアドレス)を持つユーザーであれば、無料で利用できる。また、G Suiteの新エディション「G Suite Essentials」を用意した。企業がG Suiteを使っていなくてもGoogle Meetやドキュメント共有などの機能を利用できる。

 Google Meetは、クラウド型のWeb会議システムである(画面1)。これまでは、統合グループウェアであるG Suiteを契約している企業や組織が、Google Meetを利用できていた。今回、新たにサービスメニューを追加し、G Suiteを利用していないユーザーであっても、Google Meetを使えるようにした。

画面1:Google Meetの画面。タイル表示もできるようになった(出典:グーグル)画面1:Google Meetの画面。タイル表示もできるようになった(出典:グーグル)
拡大画像表示

 まず、グーグルアカウントを持っているユーザーであれば、誰でもGoogle Meetを無料で使えるようにした(図1)。G Suite契約ユーザーとの機能の違いは、会議への最大参加人数が250人から100人に減っていることと、会議ごとの時間制限が300時間から60分に減っていることである。なお、2020年9月30日までは時間の制限なく利用できる。

図1:Google Meetが使えるサービスの一覧。個人向けの無料版と、G Suiteのチーム向けエディションを新規に用意した(出典:グーグル)図1:Google Meetが使えるサービスの一覧。個人向けの無料版と、G Suiteのチーム向けエディションを新規に用意した(出典:グーグル)
拡大画像表示

 G Suiteの新エディションとして、G Suite Essentialsも用意した。企業がG Suiteを契約していないケースでも、Google Meetを含んだG Suiteの機能の一部を利用できる。既存のG Suite(Basic/Business/Enterpriseエディション)と異なり、チーム単位で契約して利用できる。ドメインを登録しなくても利用できる。

 G Suite Essentialsの機能面での大きな特徴は、メール(Gmail)とカレンダーの機能を含んでいないことである。使える機能は、Google Meet、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、――など。2020年9月30日までは無料で利用できる。

関連キーワード

グーグル / Google Meet / G Guite

関連記事

Special

-PR-

会社がG Suiteを契約していなくてもGoogle Meetを利用可能に、無料版やチーム向けを新設グーグルは2020年4月29日、クラウド型のWeb会議システム「Google Meet」を、G Suiteを契約していないユーザーでも利用できるようにすると発表した。グーグルのアカウント(メールアドレス)を持つユーザーであれば、無料で利用できる。また、G Suiteの新エディション「G Suite Essentials」を用意した。企業がG Suiteを使っていなくてもGoogle Meetやドキュメント共有などの機能を利用できる。

PAGE TOP