[新製品・サービス]

SBクラウド、アリババの高速RDB「POLARDB」を活用したデータベース構築サービスを開始

2020年5月20日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SBクラウドは2020年5月20日、Alibaba Cloudの日本リージョンで提供が始まったリレーショナルデータベース「ApsaraDB for POLARDB」を活用したデータベース構築サービスを、同日付で開始した。価格は、個別見積もり。

 ApsaraDB for POLARDBは、パブリッククラウド「Alibaba Cloud」で利用できる、RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)の1つである。MySQL、PostgreSQL、Oracle Databaseなどとの互換性をうたっている。これまで海外リージョンで提供していたが、2020年4月30日から日本リージョンでも提供を開始した。

 SBクラウドは以前から、ApsaraDB for POLARDBを含んだAlibaba Cloudのクラウドサービス群を、日本企業に向けて販売している。今回、ApsaraDB for POLARDBが日本リージョンでも提供になったことを受けて、ApsaraDB for POLARDBを活用したデータベース構築サービスを開始した形である。「インテグレーションサービス」と「技術支援サービス」を提供する。

 「インテグレーションサービス」では、SBクラウドのエンジニアが、ユーザー企業のデータベースを設計・構築・設定する。要件に応じて、バックアップ/リカバリー機能の構築や、オンプレミスや他のサービスからのデータベースの移行なども手がける。DR(災害時復旧)やBCP(事業継続計画)の強化を目的としたマルチリージョンのスタンバイデータベースの構築も可能である。

 また、データベース層にApsaraDB for POLARDBを適用したWeb3階層システムのためのミドルウェア基盤も構築できる。システムに必要なネットワーク、Webアプリケーションサーバー用の仮想マシンインスタンス、負荷分散装置、セキュリティ機能などのシステムをワンストップで設計・構築する。ユーザーは、インフラ基盤の設計を考えることなく、アプリケーション開発に専念できる。

 一方、「技術支援サービス」では、SBクラウドのクラウドエンジニアが、ユーザーに対して、包括的な技術支援を実施する。例えば、データベースの設計・構築に関する打ち合わせを実施したり、ドキュメントを査読したり、技術的な質問に対して調査して回答したりする。

 なお、2020年4月30日から日本リージョンで利用可能になったApsaraDB for POLARDBは、Alibaba Cloudで利用できるデータベースの1つである(表1)。特徴は、コンピューティング層とストレージ層を、CPUを経由しないRDMA(Remote Direct Memory Access)で接続することで、ストレージI/O負荷を軽減し、データ転送時の処理速度を高めていることである(図1)。

図1:「ApsaraDB for POLARDB」のアーキテクチャ。RDMAによってストレージI/Oを改善し、データベースサーバーとストレージ間のデータ転送速度を高めている(出典:SBクラウド)図1:「ApsaraDB for POLARDB」のアーキテクチャ。RDMAによってストレージI/Oを改善し、データベースサーバーとストレージ間のデータ転送速度を高めている(出典:SBクラウド)
拡大画像表示

 従来型のデータベースである「Alibaba Cloud RDS for MySQL」との比較では、QPS(1秒当たりのクエリー数)が約22倍、TPS(1秒当たりのトランザクション数)が約2.2倍に向上した記録があるという。また、米Intelのテストでは、競合サービス「Amazon Aurora」と比較して、QPSが約1.3倍に向上し、95パーセンタイルのレイテンシ(遅延)が約1.8倍に改善する結果が出たという。

 なお、Alibaba Cloudでは、ApsaraDB for POLARDBを含めて、全部で8種類のリレーショナルデータベースを提供している。ApsaraDB for POLARDBのほかに、「Distributed Relational Database Service」、「ApsaraDB for OceanBase」、「ApsaraDB for MySQL」、「ApsaraDB RDS for PostgreSQL」、「ApsaraDB RDS for SQLServer」、「ApsaraDB RDS for PPAS」、「Apsara DB RDS for MariaDB」、――を提供している。

表1:ApsaraDB for POLARDBの主な仕様(出典:SBクラウド)
ノードごとのCPUコア数 4コア~88コア
ノードごとのメモリー数 16GB~710GB
ストレージ 最大100TB
クラスターごとの接続数 5000~6万4000
ノードごとのIOPS(1秒当たりのI/O回数) 3万2000~25万6000
ノードごとのネットワーク帯域幅 25Gbit/秒~50Gbit/秒
ノードごとのQPS(1秒当たりのクエリー数) 最大100万
ノードごとのTPS(1秒当たりのトランザクション数) 最大13万
スケーリング数 最大16ノード。ダウンタイムなしでスケーリング可能
対応リージョン 16カ所
日本(東京)
中国本土(9カ所)
香港
アメリカ(シリコンバレー)
シンガポール
インドネシア(ジャカルタ)
マレーシア(クアラルンプール)
ドイツ(フランクフルト)
関連キーワード

SBクラウド / Alibaba Cloud / ApsaraDB

関連記事

Special

-PR-

SBクラウド、アリババの高速RDB「POLARDB」を活用したデータベース構築サービスを開始SBクラウドは2020年5月20日、Alibaba Cloudの日本リージョンで提供が始まったリレーショナルデータベース「ApsaraDB for POLARDB」を活用したデータベース構築サービスを、同日付で開始した。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP