開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンITS、Webアプリ生成ツール「Web Performer」に日立のアジャイル開発支援を組み合わせて提供

2020年6月1日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2020年6月1日、Webアプリケーションを自動生成できる開発ツール「Web Performer」に、日立製作所によるアジャイル開発のコンサルティングを組み合わせた商品「Web Performerアジャイル開発支援サービス」を発表した。2020年6月15日から提供する。販売目標は、導入支援やシステム開発を含めて2022年までに50億円。

 「Web Performerアジャイル開発支援サービス」は、Webシステムをノンプログラミングで内製できる開発ツール「Web Performer」に、日立製作所によるアジャイル開発のコンサルティングサービスを組み合わせた商品である(図1)。アジャイル開発に必要な開発ツール群を提供するとともに、アジャイル開発を進めるためのコーチングやプロジェクトルームを提供する。

図1:「Web Performerアジャイル開発支援サービス」の概要(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:「Web Performerアジャイル開発支援サービス」の概要(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 システム企画フェーズでは、ユーザーにビジネスのテーマをヒアリングし、テーマに合ったシステム開発方法を提案する。キヤノンITソリューションズと日立製作所が共同で策定した「アジャイル開発アセスメント」を用いる。

 システム構築フェーズでは、クラウド型の開発ツール「WebPerformer Cloud」など、アジャイル開発を円滑に進めるための開発ツール群をワンストップで提供する。さらに、技術支援とコーチングによって、アジャイル開発によるシステム構築と、その定着化を支援する。

 サービスは、3つのメニューで構成する。

 (1)「Web Performerアジャイル開発プラットフォーム提供サービス」は、システム構築に必要なソフトウェア、ツール(チケット管理ツール、構成管理ツール、コミュニケーション管理ツールなど)を提供する。アジャイル開発が終了した際には、開発基盤を自社に持ち帰って開発を継続できる。価格は、個別見積もり。

 (2)「アジャイル開発コーチングサービス」は、キヤノンITソリューションズと日立製作所の技術者が、アジャイル開発の代表的な手法であるスクラムを用いたアジャイル開発の導入および定着を支援する。価格(税別)は、月額100万円から。

 (3)「プロジェクトルーム提供サービス」は、アジャイル開発においてプロジェクトメンバーとエンドユーザーがコミュニケーションを図るためのプロジェクトルームを提供する。プロジェクトルームに集合できない場合でも、コミュニケーション管理ツールを活用することによってコミュニケーションを図れる。プロジェクトルームは、キヤノンITソリューションズの各拠点に設置する。また、日立製作所のエンジニアがプロジェクトに参画する場合は、日立製作所が用意したプロジェクトルームも利用できる。価格は、個別見積もり。

 なお、Web Performerは、Webアプリケーションをノンプログラミングで自動生成できる開発ツールである(関連記事キヤノンITS、Webアプリ自動生成ツールに新版、外部部品やスクラッチ開発の組み込みが容易に)。Javaアプリケーションサーバー上で稼働するWebアプリケーションを自動で生成できる。Java開発用のIDE(統合開発環境)であるEclipseのプラグインとして動作する。

関連キーワード

キヤノンITソリューションズ / 日立製作所 / アジャイル開発

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、Webアプリ生成ツール「Web Performer」に日立のアジャイル開発支援を組み合わせて提供キヤノンITソリューションズは2020年6月1日、Webアプリケーションを自動生成できる開発ツール「Web Performer」に、日立製作所によるアジャイル開発のコンサルティングを組み合わせた商品「Web Performerアジャイル開発支援サービス」を発表した。2020年6月15日から提供する。販売目標は、導入支援やシステム開発を含めて2022年までに50億円。

PAGE TOP