[新製品・サービス]

脅威の検知から対応までをアウトソーシングできるサービス「Rapid7 MDR」

2020年6月9日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米Rapid7の日本法人でセキュリティベンダーのラピッドセブン・ジャパンは2020年6月8日、脅威の検知から対応までをアウトソーシングできるサービス「Rapid7 MDR」を発表した。これまで海外で提供してきたサービスだが、今回、日本専任部隊を作り、国内でサービスを開始した。

 Rapid7 MDRは、脅威の検知から対応までをアウトソーシングできるサービスである。検知と対応のためのツールの導入と設定、人材の確保と教育などの負荷を軽減し、インシデント対応の運用を短期間で開始できる。

 検知(アラートの監視と脅威分析)と、対応(脅威のトリアージ、調査、封じ込め)の初動をアウトソースできる。これにより、ユーザーは、さらなる封じ込め、修復、再発防止作業に対して人材とノウハウを集中できるようになる。

 脅威の検知と対応にあたっては、PCにインストールしたエージェントが収集する情報やセキュリティ機器のログ、機器の脆弱性情報、Rapid7の脅威インテリジェンス、――などを活用する。

 Rapid7 MDRは、脅威を検知する中核機能として、クラウド型のSIEM(セキュリティ情報およびイベント管理)サービス「InsightIDR」を利用する(画面1)。InsightIDRでは、従来のSIEMでは実装が困難だったユーザー行動分析を、脅威インテリジェンスとAIによって実現したとしている。

画面1:クラウド型のセキュリティログ分析サービス「InsightIDR」の画面(出典:ラピッドセブン・ジャパン)画面1:クラウド型のセキュリティログ分析サービス「InsightIDR」の画面(出典:ラピッドセブン・ジャパン)
関連キーワード

Rapid7 / MDR

関連記事

Special

-PR-

脅威の検知から対応までをアウトソーシングできるサービス「Rapid7 MDR」米Rapid7の日本法人でセキュリティベンダーのラピッドセブン・ジャパンは2020年6月8日、脅威の検知から対応までをアウトソーシングできるサービス「Rapid7 MDR」を発表した。これまで海外で提供してきたサービスだが、今回、日本専任部隊を作り、国内でサービスを開始した。

PAGE TOP