[市場動向]

NECがD-Wave Systemsに1000万ドル投資、アプリケーション増やしD-Waveのクラウドで提供

より大規模な問題を解くハイブリッド技術を開発

2020年6月18日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2020年6月18日、量子アニーリングマシンを提供しているカナダのD-Wave Systemsに1000万ドル投資すると発表した。両社は量子コンピューティング領域で協業する。量子アニーリングマシンと既存のコンピューティング技術を組み合わせて大規模な問題を解けるようにする技術を開発するほか、アプリケーションを増やして量子コンピューティングの適用領域を拡大する。

 NECは、カナダのD-Wave Systemsに1000万ドル投資し、量子コンピューティング領域で協業する。主にソフトウェア面で協業する。既存コンピュータと量子コンピュータを組み合わせて大規模な問題を解けるようにするハイブリッド技術の開発、量子コンピュータを用いたアプリケーションの開発、量子コンピュータを利用するためのシステムソフトウェアの開発、販売活動、――などで協力する。

 協業の狙いをNECは、「両社の強みを持ち寄って、量子コンピューティング領域の市場の創出を加速する」としている。NECは、量子アニーリングマシンを開発しているほか、アプリケーションの拡充を見据えて大学や企業と連携し、共同実証を通じて用途開発などに注力している。一方、D-Wave Systemsは、量子アニーリングマシンを商用化済みで、物流、AI、創薬、財務モデリングなど、各種の問題に対する実用的な量子アプリケーションをユーザーに提供している。

 両社で進める協業内容は、以下の通り。

 ハイブリッド技術/サービスを開発する。D-Wave Systemsの量子アニーリングマシンと、NECのスーパーコンピュータをはじめとするコンピューティング技術を組み合わせて、より大規模な組み合わせ最適化問題を高速に解けるハイブリッドサービスを開発する。開発しサービスは、D-Wave SystemsのLeap量子クラウドサービスに組み入れて両社の顧客に提供する。

 ハイブリッド環境で動作する量子アプリケーションを開発する。Leap量子クラウドサービスと、新たに共同開発するハイブリッドサービスを活用し、輸送から材料科学、AIなどの分野を対象に、実用的な量子アプリケーションを開発する。また、NECが想定する、金融、製造、流通など6つの市場に対して、D-Wave Systemsが持つ200以上のユーザー事例(ユースケース)を適用して提供する。さらに、さらに、Leap量子クラウドサービスにNECのスーパーコンピュータを組み込んで利用できるようにすることを検討する。

 マーケティング活動で協力する。企業がハイブリッド量子アプリケーションを構築できるように、講演、セミナ―、プロモーション、事例紹介、トレーニング、量子アニーリングプログラミングイベントなどの共同マーケティング活動を行う。また、共同で市場開拓プログラムを実施し、量子コンピューティングの日本企業への導入促進を図る。

 NECにとって今回の協業は、ユーザーの選択肢を広げるものとなる。今後も継続して独自の量子アニーリングマシンを開発していく。まず、D-Wave Systemsのように、専用チップを用いた量子アニーリングマシンを開発している(関連記事超伝導素子で量子アニーリングマシンを高速化、NECが優位性をアピール)。さらに、スーパーコンピュータで量子アニーリングをシミュレーションするSAマシンを用意している(関連記事NEC、デジタル処理のアニーニングマシンをベクトル型スパコンで高速化、2020Q1にサービス提供)。

 SAマシンの発表会でNECは、D-Wave Systemsへの投資を検討していることを語っていた。「D-Wave Systemsが持つアプリケーションやソフトウェアに関して連携していきたい」(NEC)としていた。

関連キーワード

NEC / D-Wave Systems / 量子アニーリング

関連記事

Special

-PR-

NECがD-Wave Systemsに1000万ドル投資、アプリケーション増やしD-Waveのクラウドで提供NECは2020年6月18日、量子アニーリングマシンを提供しているカナダのD-Wave Systemsに1000万ドル投資すると発表した。両社は量子コンピューティング領域で協業する。量子アニーリングマシンと既存のコンピューティング技術を組み合わせて大規模な問題を解けるようにする技術を開発するほか、アプリケーションを増やして量子コンピューティングの適用領域を拡大する。

PAGE TOP