[事例ニュース]

野村総研、Oracle Cloudをオンプレミスに導入し金融サービスのガバナンスを確保

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerの提供始まる

2020年7月13日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2020年7月13日、ユーザー企業のデータセンターをOracle Cloudのリージョンとして利用できる「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」について会見を開き、同日付で国内で提供を開始したと発表した。会見では、グローバルの第1号ユーザーである野村総合研究所(NRI)が登壇し、導入の背景を説明した。NRIでは、金融サービスに必要なガバナンスを保ちながらアジリティなどのパブリッククラウドのメリットを享受できることをメリットとして挙げている。

 Oracle Dedicated Region Cloud@Customerは、ユーザー企業のデータセンターをOracle Cloudのリージョンの1つとして利用できるサービスである(関連記事日本オラクル、Oracle Cloudの全サービスをオンプレミスで運用可能に、野村総研が採用)。2020年7月9日に発表し、2020年7月13日付で国内提供を開始した。価格は50万米ドルからで、最低利用期間は3年間。

図1:オンプレミスのデータセンターにOracle Dedicated Region Cloud@Customerを設置する(出典:日本オラクル)図1:オンプレミスのデータセンターにOracle Dedicated Region Cloud@Customerを設置する(出典:日本オラクル)
拡大画像表示

 ユーザーは、Oracle Dedicated Region Cloud@Customerを設置するファシリティとして、オンプレミスのデータセンターに専用のスペースを用意する(図1)。日本オラクルは、ユーザーが用意したデータセンター環境に、ラック設備やサーバー/ストレージなどを搬入し、クラウドサービスとして利用できるようにする。

 データベースサーバーや業務アプリケーションなど、米Oracleが提供する50を超えるすべてのクラウドサービスを利用できる。パブリッククラウドで提供しているサービス、SLA(サービスレベル契約)、セキュリティ、などを同じ条件で適用する。新機能がパブリッククラウドで利用できるようになった時点で、オンプレミスでも利用できる。

金融向けのガバナンスをオンプレミス設置で解決

 グローバルの第1号ユーザーが、野村総合研究所(NRI)である(関連記事NRI、自社データセンターにNRI専用の「Oracle Cloud」を構築、2020年Q2から利用開始)。NRIは、Oracle Dedicated Region Cloud@Customerを、金融機関向けクラウドサービスなどの運用基盤として利用する。搬入は完了しており、稼働検証中である。会見では、NRIで常務執行役員を務める竹本具城氏が登壇し、導入の背景を説明した。

 NRIはこれまで、金融市場に向けてクラウドサービスを提供してきた。3つのデータセンターに構築したプライベートクラウドの上で、これらのサービスを動かしている。プライベートクラウドの規模は大きく、物理コアは3万、ストレージは10PB、運営エンジニアは400人に達する。過去数年にわたって数百億円の投資を実施してきている。2014頃からは、Oracle Exadataも数多く導入してきたという。

●Next:野村総研がOracle Cloudをオンプレミスに導入した理由

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

野村総合研究所 / Oracle Cloud / Oracle

関連記事

Special

-PR-

野村総研、Oracle Cloudをオンプレミスに導入し金融サービスのガバナンスを確保日本オラクルは2020年7月13日、ユーザー企業のデータセンターをOracle Cloudのリージョンとして利用できる「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」について会見を開き、同日付で国内で提供を開始したと発表した。会見では、グローバルの第1号ユーザーである野村総合研究所(NRI)が登壇し、導入の背景を説明した。NRIでは、金融サービスに必要なガバナンスを保ちながらアジリティなどのパブリッククラウドのメリットを享受できることをメリットとして挙げている。

PAGE TOP