ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT Com、同僚などに気軽に話しかけられるオンライン上の仕事環境「NeWork(ニュワーク)」

2020年8月11日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年8月11日、テレワーク環境下でもオフィスにいるかのように社員とコミュニケーションがとれるオンライン型のワークスペース「NeWork(ニュワーク)」を発表した。同年8月31日から開始する。利用料金は無料で、今後は有料版の提供も予定する。

 NTTコミュニケーションズの「NeWork(ニュワーク)」は、テレワーク環境下でもオフィスにいるかのように社員とコミュニケーションがとれるオンライン型のワークスペースである。従来のWeb会議では難しかった、立ち話感覚でのちょっとした相談や雑談などを活性化できるようにデザインした。NeWorkにログインしておくことで、同じオフィスにいるかのように、チームやプロジェクトのメンバーに話しかけられる。

画面1:NeWorkの画面。プロジェクトや話題ごとに「バブル」を作れる。この「バブル」が、仮想的な部屋(会話スペース)として機能する(出典:NTTコミュニケーションズ)画面1:NeWorkの画面。プロジェクトや話題ごとに「バブル」を作れる。この「バブル」が、仮想的な部屋(会話スペース)として機能する(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 クライアントPCのWebブラウザからNeWorkにログインし、自分の居場所にあたる「ワークスペース」に入る。「ワークスペース」内には、プロジェクトや話題ごとに「バブル」を作れる(画面1)。この「バブル」が、仮想的な部屋(会話スペース)として機能する。メンバーとの会話では、ビデオ通話のほか、資料画面を共有できる。

 「バブル」には、簡単に参加できる。興味のある「バブル」を見つけたら、クリックするだけで簡単に会話の輪に加われる。「バブル」に参加しているときは、常に接続された状態となるため、発言するだけで即「バブル」内のメンバーと会話できる。大人数のWeb会議にありがちな“話す人”と“聞く人”に分かれるコミュニケーションではなく、少人数でわいわいがやがや、活発に意見を交わすコミュニケーションに向いている。

 「バブル」に入っていない相手でも、アイコンを1クリックするだけで会話できる(図1)。相手が話しかけられる状態かどうかは、アイコンの色で見分けられる。事前に相手の状況を確認したり、会話の許可を求めたりする必要がない。これにより、オフィスで立ち話をするように気軽に話しかけられる。

図1:「バブル」に入っていない相手でも、アイコンを1クリックするだけで会話できる(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:「バブル」に入っていない相手でも、アイコンを1クリックするだけで会話できる(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

●Next:映像配信や議事録作成のサービスと連携

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / SkyWay / ビジネスチャット / 音声認識

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、同僚などに気軽に話しかけられるオンライン上の仕事環境「NeWork(ニュワーク)」NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年8月11日、テレワーク環境下でもオフィスにいるかのように社員とコミュニケーションがとれるオンライン型のワークスペース「NeWork(ニュワーク)」を発表した。同年8月31日から開始する。利用料金は無料で、今後は有料版の提供も予定する。

PAGE TOP