[新製品・サービス]

NRIセキュア、セキュリティ評価サービスSecure SketCHを強化、ロードマップの遂行を支援

2020年8月11日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NRIセキュアテクノロジーズは2020年8月11日、Web上で自社のセキュリティ対策状況に関する約80の設問に回答するだけで評価結果を表示するサービス「Secure SketCH」を強化した。有償プラン「PREMIUMプラン」において、新たに「タスク管理機能」と「対策計画編集機能」を追加した。

 Secure SketCHは、Webサイト上で自社のセキュリティ対策状況に関する約80の設問に回答するだけで、セキュリティ対策状況の評価が得られるサービスである(関連記事NRIセキュア、セキュリティ評価サービスSecure SketCHを強化、30業種で絞り込み自社と比較)。国内を中心とする1800社以上の統計データと比べた評価結果を表示する。対策を実行する際の要点や優先度などのアドバイスも得られる。

 Secure SketCHには、無償の「FREEプラン」のほかに、機能上位に当たる有償プラン「PREMIUMプラン」がある。

 有償プランでは、「タイムライン機能」(指定した期間における自社得点や他社平均などの推移をグラフ化する機能)、「企業属性別分析機能」(30種の属性で絞り込んだ企業の平均と自社の結果を比較する機能)、「証跡管理機能」(自社のセキュリティ評価・対策に関する証跡をアップロードして管理する機能)、「ガイドラインチェック機能」(主要なセキュリティガイドラインに対する自社の対応状況を確認できる機能)、――を提供する。

 今回新たに、有償プランに2つの新機能、「対策計画編集機能」(画面1)と「タスク管理機能」を追加した。これにより、自社の状況を踏まえた実行計画(ロードマップ)を策定し、セキュリティ対策を実行する際のタスク(業務)を詳細に管理できるようになった。

画面1:対策計画編集機能でロードマップを作成している様子(出典:NRIセキュアテクノロジーズ)画面1:対策計画編集機能でロードマップを作成している様子(出典:NRIセキュアテクノロジーズ)
拡大画像表示

 Secure SketCHは、現在のセキュリティレベルの評価状況に応じて、今後必要なセキュリティ対策を推奨し、対策実行までのロードマップを自動で表示する「対策計画機能」を持っている。新たに追加した「対策計画編集機能」では、担当者がロードマップの内容を編集してオリジナルの対策計画を作成できる。

 もう1つの「タスク管理機能」は、対策計画機能で作成したロードマップを着実に遂行するために必要な日々のタスクを作成し、Web上でタスク管理を行える機能である。セキュリティの評価・計画だけでなく、対策の実行までをWeb上で行えるようになる。

関連キーワード

NRIセキュアテクノロジーズ / Secure SketCH

関連記事

Special

-PR-

NRIセキュア、セキュリティ評価サービスSecure SketCHを強化、ロードマップの遂行を支援NRIセキュアテクノロジーズは2020年8月11日、Web上で自社のセキュリティ対策状況に関する約80の設問に回答するだけで評価結果を表示するサービス「Secure SketCH」を強化した。有償プラン「PREMIUMプラン」において、新たに「タスク管理機能」と「対策計画編集機能」を追加した。

PAGE TOP