[新製品・サービス]

HPEとSAPが提携し、SAP HANA Enterprise Cloudをオンプレミス環境で利用可能に

2020年8月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード)は2020年8月18日、ドイツSAPと提携し、PaaS型クラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」をユーザー企業のオンプレミスで利用できるようにすると発表した。ドイツSAPが「SAP HANA Enterprise Cloud, customer edition」の名称でサービスを開始する。ユーザー企業のオンプレミスに設置するITシステムをサービスとして提供する米Hewlett-Packardのサービス「HPE GreenLake」とともに提供する。

 SAP HANA Enterprise Cloud, customer editionは、PaaS型クラウドサービスのSAP HANA Enterprise Cloudを、ユーザーが望む任意のデータセンターやコロケーション施設で、マネージド型で提供するサービスである。ユーザーは、自社のSAPソフトウェア環境とデータをオンプレミスで維持しながら、サブスクリプション型のマネージドサービスとして利用できる。

 SAPは、SAP HANA Enterprise Cloud, customer editionの提供にあたり、HPEのサービス「HPE GreenLake」を組み合わせて利用する。HPE GreenLakeは、ユーザー企業のオンプレミス環境にITシステムを設置し、これをサブスクリプション型のマネージドサービスとして提供するものである(関連記事HPE、2022年までの3年間で全製品をサービス化、特にオンプレ資産のサービス化に注力)。

 システムを支えるハードウェアの供給、導入、管理は、HPEが実施する。コンピュート、ストレージ、ネットワークなどを、SAPソフトウェアに合わせて設定して提供する。

関連キーワード

HPE GreenLake / SAP HANA Enterprise Cloud / HPE / SAP / 協業・提携

関連記事

Special

-PR-

HPEとSAPが提携し、SAP HANA Enterprise Cloudをオンプレミス環境で利用可能にヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード)は2020年8月18日、ドイツSAPと提携し、PaaS型クラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」をユーザー企業のオンプレミスで利用できるようにすると発表した。ドイツSAPが「SAP HANA Enterprise Cloud, customer edition」の名称でサービスを開始する。ユーザー企業のオンプレミスに設置するITシステムをサービスとして提供する米Hewlett-Packardのサービス「HPE GreenLake」とともに提供する。

PAGE TOP