コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

シスコ、クラウド型のIP電話システム「Cisco UCM Cloud」を提供、業務システムと連携可能

2020年8月21日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

シスコシステムズは2020年8月21日、クラウド型で利用できるUC(統合コミュニケーション)システム「Cisco UCM Cloud」を発表した。IP電話を中心とした既存のUCシステム「Cisco Unified Communications Manager」(CUCM)をクラウド上にホスティングし、ユーザーごとに個別環境で提供するものである。2020年8月上旬から提供している。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額1000円からで、最低利用者数は250人。

 Cisco UCM Cloudは、クラウド型で利用できるUC(統合コミュニケーション)システムである(図1)。電話機能を中核に、ビデオ通話、メッセージングなど、各種のコミュニケーションができる。

図1:Cisco UCM Cloudの概要(出典:シスコシステムズ)図1:Cisco UCM Cloudの概要(出典:シスコシステムズ)
拡大画像表示

 Cisco UCM Cloudでは、オンプレミス向けのUCシステムであるCisco Unified Communications Manager(CUCM)を、クラウド型で提供する。CUCMをデータセンターにホスティングし、ユーザーごとに個別環境で提供する。

 最低利用者数は250人で、主に1000人以上の大企業を想定している。オンプレミス環境のCUCMと同様に、業務アプリケーションとの連携など、ユーザーの要件に柔軟に対応できるとしている。

 なお、クラウド型で利用できる電話システムには、Cisco Webex Callingもある(図2)。シンプルに使えることを指向しており、カスタマイズなしで、サービスの申し込みから数週間で利用を開始できるとしている。数人からの規模で利用できる。

図2:Cisco UCM Cloud、Cisco Webex Calling、CUCMの違い(出典:シスコシステムズ)図2:Cisco UCM Cloud、Cisco Webex Calling、CUCMの違い(出典:シスコシステムズ)
拡大画像表示

 Cisco UCM CloudとCisco Webex Callingを併用することもできる。これまでCUCMを利用していた本社は、引き続き業務アプリケーションとの連携が必要なためCisco UCM Cloudに移行し、新規拠点は短期間で導入可能なCisco Webex Callingを導入する、といった使い方ができる。

関連キーワード

シスコシステムズ / Cisco UCM Cloud

関連記事

Special

-PR-

シスコ、クラウド型のIP電話システム「Cisco UCM Cloud」を提供、業務システムと連携可能シスコシステムズは2020年8月21日、クラウド型で利用できるUC(統合コミュニケーション)システム「Cisco UCM Cloud」を発表した。IP電話を中心とした既存のUCシステム「Cisco Unified Communications Manager」(CUCM)をクラウド上にホスティングし、ユーザーごとに個別環境で提供するものである。2020年8月上旬から提供している。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額1000円からで、最低利用者数は250人。

PAGE TOP