[新製品・サービス]

日立Sol、営業支援「Dynamics 365 Sales」の運用定着化サービス、ダッシュボードを構築して提供

2020年9月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2020年9月15日、営業支援システム「Microsoft Dynamics 365 Sales」の運用を定着化するSIサービス「SFA/CRM運用定着化ソリューション」を発表した。導入コンサルティングとテンプレートを提供する。テンプレートはユーザーに合わせてカスタマイズして提供する。2020年9月16日から提供する。価格は、個別見積もり。

 SFA/CRM運用定着化ソリューションは、営業支援システム「Microsoft Dynamics 365 Sales」の運用を定着化するSIサービスである。導入コンサルティングとテンプレートを提供する。

 コンサルティングサービスでは、システム利用の評価指標の設定、PDCAサイクルの構築、運用体制の整備、などを支援する。

 テンプレートは、ユーザーに合わせてカスタマイズする。受注などの営業状況と経営指標が連動した「経営可視化ダッシュボード」や、システムの「利用状況可視化ダッシュボード」として提供する(画面1)。

図1:経営可視化ダッシュボードの画面イメージ(出典:日立ソリューションズ)図1:経営可視化ダッシュボードの画面イメージ(出典:日立ソリューションズ)

 経営可視化ダッシュボードでは、営業状況と、重要な評価指標である企業の経営指標を、合わせて可視化する。これにより、経営層の意思決定を支援する。顧客、商材、営業地域などの項目で、受注などの営業状況を分析できる。

 利用状況可視化ダッシュボードでは、運用定着化の評価指標として、部署や担当者別にシステムの利用状況を可視化する。部門や担当者ごとのシステムへのアクセス件数や、評価指標の達成状況を、客観的に数値で比較しやすくなる。営業活動における定量的な分析や課題の発見につなげられる。

関連キーワード

日立ソリューションズ / Microsoft Dynamics 365 Sales

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、営業支援「Dynamics 365 Sales」の運用定着化サービス、ダッシュボードを構築して提供日立ソリューションズは2020年9月15日、営業支援システム「Microsoft Dynamics 365 Sales」の運用を定着化するSIサービス「SFA/CRM運用定着化ソリューション」を発表した。導入コンサルティングとテンプレートを提供する。テンプレートはユーザーに合わせてカスタマイズして提供する。2020年9月16日から提供する。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP