アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

東芝デジタルソリューションズ、FAQを取り込むだけで使えるクラウド型チャットボット「コメンドリ」を提供開始

AIで言い換えを理解し検索ヒット率を高める

2020年10月5日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東芝デジタルソリューションズは2020年10月5日、既存のFAQ集を取り込むだけで運用を開始できるシナリオレス型のAIチャットボットサービス「コメンドリ」を提供開始した。クラウド型で提供する。AIを活用して言い換え表現を理解することで、検索のヒット率を高めた。価格は、要問い合わせ。

 コメンドリは、FAQを取り込むだけで使えるAIチャットボットサービスである(図1)。FAQを投入するだけで、重要キーワードを学習し、シナリオレスで自動的に対話を行う。FAQの更新時も、再度登録するだけで自動的に再学習する。

図1:シナリオレス型AIチャットボットサービス「コメンドリ」の画面(出典:東芝デジタルソリューションズ)図1:シナリオレス型AIチャットボットサービス「コメンドリ」の画面(出典:東芝デジタルソリューションズ)
拡大画像表示

 一般に、チャットボットには、シナリオ(ルール)を登録して使うシナリオ型のチャットボットと、FAQを登録して使う一問一答型のチャットボットの2種類がある。コメンドリは、これらの長所を継承しつつ短所を克服したサービスだとしている。

 従来の一問一答型チャットボットは、入力した質問表現と一致しなければ検索結果が0件となるものが多く、言い換え辞書や言い換え表現の登録が必要だった。これに対してコメンドリでは、ディープラーニング(深層学習)を用いて言い換えを理解する。これにより、検索時のヒット率を高めている。

 従来のチャットボットは、検索結果が多数あった場合、ユーザーが内容を確認して判断する必要があった。コメンドリでは、重要度の高いキーワードを利用し、「○○ですか?○○ですか?」のような対話で聞き出すことで、検索結果を絞り込む。ユーザーが知りたい回答へと誘導する。

関連キーワード

東芝デジタルソリューションズ / チャットボット

関連記事

Special

-PR-

東芝デジタルソリューションズ、FAQを取り込むだけで使えるクラウド型チャットボット「コメンドリ」を提供開始東芝デジタルソリューションズは2020年10月5日、既存のFAQ集を取り込むだけで運用を開始できるシナリオレス型のAIチャットボットサービス「コメンドリ」を提供開始した。クラウド型で提供する。AIを活用して言い換え表現を理解することで、検索のヒット率を高めた。価格は、要問い合わせ。

PAGE TOP