バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

AWS向けバックアップ新版「Veeam Backup for AWS v3」、Amazon RDSをバックアップ可能に

2020年12月9日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

スイスVeeam Software日本法人のヴィーム・ソフトウェアは2020年12月9日、AWS環境向けのバックアップソフトウェアの新版「Veeam Backup for AWS v3」を発表した。新版では、仮想マシン(EC2)のバックアップ/リカバリに加えて、データベースサーバーであるAmazon RDSをバックアップ/リカバリできるようにした。

 ヴィーム・ソフトウェアの「Veeam Backup for AWS」は、AWS環境向けのバックアップソフトウェアである。AWS環境の上でスタンドアロンで動作する。汎用のデータバックアップソフトウェアをユーザー自身でAWS上にインストールして使う形態ではなく、AWSに特化したバックアップ機能をAWS上でデプロイして使う形態となる。AWSの機能を使って、仮想マシンをバックアップできる。AWSをオンプレミスに設置できる「AWS Outposts」環境でも利用できる。

 今回の新版「v3」では、バックアップ対象を拡充し、仮想マシン(Amazon EC2)のインスタンスだけでなく、データベースサーバーであるAmazon RDSをバックアップ/リカバリできるようにした。データベースサーバーのバックアップをスケジュールに則って自動化できる。リカバリは高速で、「わずか数秒で正確なタイミングでデータベース全体を復元できる」(ヴィーム・ソフトウェア)としている。

 無料版(10インスタンスまでバックアップ可能)と有料版がある。有料版は従量課金制で、1インスタンスあたり年額40ドルから。

関連キーワード

Veeam Backup / Veeam Software / Amazon RDS / AWS

関連記事

Special

-PR-

AWS向けバックアップ新版「Veeam Backup for AWS v3」、Amazon RDSをバックアップ可能にスイスVeeam Software日本法人のヴィーム・ソフトウェアは2020年12月9日、AWS環境向けのバックアップソフトウェアの新版「Veeam Backup for AWS v3」を発表した。新版では、仮想マシン(EC2)のバックアップ/リカバリに加えて、データベースサーバーであるAmazon RDSをバックアップ/リカバリできるようにした。

PAGE TOP