[新製品・サービス]

現場向けBI「Tableau 2020.4」、データプレパレーション「Tableau Prep」がブラウザから利用可能に

2020年12月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Tableau Softwareは2020年12月16日、現場向けBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアの新版「Tableau 2020.4」を発表した。新版では、データプレパレーションツール「Tableau Prep」を、Tableau ServerまたはTableau Online上でWebブラウザ経由で利用できるようにした。

 Tableau(開発元:米Tableau Software)は、容易な操作性に重点を置いた、ビジネス部門向けのBIソフトウェアである(関連記事BIツール新版「Tableau 2020.2」、複数テーブルを共通フィールドで関連付けて分析可能に)。

 Excelファイルや外部RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)、Salesforce.comなど各種SaaSアプリケーションのデータなどを取り込んで分析し、ダッシュボード(可視化レポート画面)を作成できる。

 2018年リリースの「2018.1」では、データのクリーニングによって分析用データを整備する外部ツール「Tableau Prep」を用意した(関連記事Tableau Prepで分析データの表記ゆれやミスを修復、現場向けBIのTableauが提供)。分析用のデータに含まれる表記のゆれ(日付や郵便番号など)や入力ミス(コストの項目にマイナスの数値が入っているなど)を修復し、分析できる状態に整備する“データプレパレーション”ツールである。

 Tableauには、スタンドアロンで動作するフル機能版の「Tableau Desktop」のほかに、Webブラウザを介してダッシュボードの共有や簡単なデータ分析ができる「Tableau Server」(およびクラウド型の「Tableau Online」)がある。今回の新バージョンでは、これまで外部ツールとして提供してきたデータプレパレーションツールのTableau Prepを、Tableau Server/Tableau Online上でWebブラウザを介して利用できるようにした(画面1)。

画面1:Webブラウザを介したTableau Prep画面(出典:Tableau Software)画面1:Webブラウザを介したTableau Prep画面(出典:Tableau Software)
拡大画像表示

 分析用のデータを準備するプロセスがWebブラウザで完結できるようになった。データ分析者は、データソースへの接続、データのクリーニングや準備、データ分析のためのダッシュボード作成、共有などを、Tableauをインストールすることなく行えるようになった。運用管理面では、個人個人のマシンを手作業で更新しなくても、バージョンを一元的に管理できるようになった。

関連キーワード

Tableau / Tableau Prep / データプレパレーション

関連記事

Special

-PR-

現場向けBI「Tableau 2020.4」、データプレパレーション「Tableau Prep」がブラウザから利用可能にTableau Softwareは2020年12月16日、現場向けBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアの新版「Tableau 2020.4」を発表した。新版では、データプレパレーションツール「Tableau Prep」を、Tableau ServerまたはTableau Online上でWebブラウザ経由で利用できるようにした。

PAGE TOP