[新製品・サービス]

CTC、NetAppストレージをサブスクリプション型で利用できる「NetApp Keystone」を提供

2020年12月18日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年12月18日、ネットアップのストレージ機器をサブスクリプション(購読)方式で利用できる「NetApp Keystone」を提供すると発表した。価格(税別)は、月額50万円から。販売目標は、周辺システムの構築や保守、運用サービスとあわせて3年間で10億円。

 NetApp Keystoneは、ネットアップが所有するストレージ機器をユーザーが指定する場所に設置し、契約容量とサービスレベルに応じて利用できるサブスクリプションサービスである。ストレージ環境を専有して利用できる。

 ストレージ容量の最小構成は15TB。利用を開始した後も、追加料金を支払うことでストレージ容量やサービスレベルを変更できる。支払い方法は、月次精算と年次先払い方式から選択できる。契約期間は1年間から3年間。契約期間を超過した利用分は日次で計算し、後日精算する。利用料には、運用監視や障害発生時のサポート費用なども含まれる。

 伊藤忠テクノソリューションズは、NetApp Keystoneの提供に加えて、既存システムやクラウドとの連携、アプリケーションの開発などを含め、導入設計から各種の設定、運用を支援する。また、データセンターやネットワーク、関連するセキュリティなどの設定やシステム構築も実施する。

関連キーワード

伊藤忠テクノソリューションズ / NetApp

関連記事

Special

-PR-

CTC、NetAppストレージをサブスクリプション型で利用できる「NetApp Keystone」を提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年12月18日、ネットアップのストレージ機器をサブスクリプション(購読)方式で利用できる「NetApp Keystone」を提供すると発表した。価格(税別)は、月額50万円から。販売目標は、周辺システムの構築や保守、運用サービスとあわせて3年間で10億円。

PAGE TOP