システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立Sol、業務プロセス分析、業務自動化、業務テンプレートで継続的に業務を改善するサービス

2021年2月5日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2021年2月5日、業務プロセスの分析や業務テンプレートの適用などによって継続的な業務改善を支援するサービス「アプリケーションモダナイゼーション支援ソリューションfor Microsoft Power Platform」を発表した。2021年2月8日から販売する。業務プロセスを分析して定型作業用プログラムを自動生成するクラウドサービス「FortressIQ」(米FortressIQが提供)や、米MicrosoftのPower Platform(Power Apps、Power Automate、Power BI)を利用する。

 「アプリケーションモダナイゼーション支援ソリューションfor Microsoft Power Platform」は、業務プロセスの分析や業務テンプレートの適用などによって継続的な業務改善を支援するサービスである(図1)。

日立Sol、業務プロセス分析、業務自動化、業務テンプレートで継続的に業務を改善するサービス日立Sol、業務プロセス分析、業務自動化、業務テンプレートで継続的に業務を改善するサービス
拡大画像表示

 特徴の1つは、業務分析と業務改善に、クラウドサービスのFortressIQを使うこと。FortressIQは、ユーザーの操作ログや画面遷移から業務プロセスを自動で分析し、ボトルネックを特定する。FortressIQはさらに、業務を改善するための自動応答プログラムや定型作業用プログラムを自動で生成する。

 自動応答プログラムや定型作業用プログラムは、米Microsoftの業務自動化ソフトウェア「Power Automate」(旧称はMicrosoft Flow)を利用して生成する。Power Automate環境で動作する業務自動化プログラムを得られる。

 日立ソリューションズが開発した業務テンプレートも用意している。ノンプログラミングでアプリケーションを開発できる開発ツール「Power Apps」や、業務自動実行ソフトウェアのPower Automateの環境で使えるテンプレートを提供する。

 テンプレートの一覧は、表1の通り。設備予約などの「コラボレーション支援」分野のテンプレートを10種類、稟議申請などの「ビジネスオペレーション支援」分野のテンプレートを14種類用意している。

表1:日立ソリューションズが開発した、Power Platform向けの業務テンプレート(出典:日立ソリューションズ)
テンプレート区分 テンプレート名
コラボレーション支援 福利厚生申請、研修申込、研修報告、社外発表申請、システム利用申請、設備予約、掲示板、ドキュメント管理、アンケート、ポータル
ビジネスオペレーション支援 各種証明書申請、社宅利用申請、給与口座申請、各種手当申請、人事異動申請、身上異動届申請、出向申請、長時間勤務者問診票、勤務地変更申請、稟議申請、経理業務支援(個別仕訳申請、科目振替・債務伝票申請)、営業支援(引合開始から見積提示、受注、納品、請求処理までの業務)、購買支援(外注先への見積依頼から発注、検収、支払管理までの業務、人材派遣(派遣会社への見積依頼から発注、派遣社員の人員登録、派遣費支払いまでの業務)

 アプリケーションのモダナイゼーション支援として、既存の業務をクラウドに移行する支援も実施する。日立ソリューションズが想定する全体の流れは、業務テンプレートを適用して業務をクラウド化し、業務プロセスのボトルネックを特定して改善プログラムを生成する、というものである。

関連キーワード

日立ソリューションズ / Power Platform / FortressIQ

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、業務プロセス分析、業務自動化、業務テンプレートで継続的に業務を改善するサービス日立ソリューションズは2021年2月5日、業務プロセスの分析や業務テンプレートの適用などによって継続的な業務改善を支援するサービス「アプリケーションモダナイゼーション支援ソリューションfor Microsoft Power Platform」を発表した。2021年2月8日から販売する。業務プロセスを分析して定型作業用プログラムを自動生成するクラウドサービス「FortressIQ」(米FortressIQが提供)や、米MicrosoftのPower Platform(Power Apps、Power Automate、Power BI)を利用する。

PAGE TOP